Posted on

ベールのある帽子

東部の宗教の規則と規範によれば、女性は彼女の顔と身体を布で覆わなければならず、それは服従と無実の象徴と考えられています。ここから、西洋のファッショニスタは、ベールと呼ばれる半透明材料のフラップの下に顔を隠すという伝統を借りています。

ベールのある女性の帽子 - それはどうやって始まりましたか?

今日、ベール付きの帽子のアクセサリーは荘厳で厳粛に見えるので、女の子は特別な機会にのみ着ます。中世の女性については言えません。私たちの先祖は、人々の心を征服するのに役立つ強力な武器を怠っていませんでした。ベールは謎のオーラを作り、その時に非常に価値があったその所有者の従順性と謙虚さを実証しました。

ヨーロッパの14世紀でさえ、女性たちはベールと頭飾りを組み合わせる方法を学びましたが、それは高いチープです。さよならを言うために時間がかかったつばの広い帽子、その後、少し帽子、ボートに乗る人の帽子とシリンダーを来たが、ベールの女性とキャップを交換する:あなたが知っているようしかし、ファッションは帽子の彼女の変更形状と大きさで、気まぐれで不安定です。

前世紀の六十年代はかろうじて彼の額をカバーする小さなメッシュで、ベール、またはキャップ錠むしろ女性の帽子の人気の遠地点となりました。そのような洗練されたアクセサリーのおかげで得られたエレガントで神秘的なイメージは、今日のデザイナーやスタイリストを鼓舞します。

ベールと近代の帽子

もちろん、平凡な平日にベールで帽子をかける人はほとんどいません。ビジネススーツの女の子と彼女の頭の上にベールのある帽子を想像して、あなたに真実を伝えると、それはばかげて見えるでしょう。しかし、豪華な夕方やカクテルドレスの女性のイメージは、まったく異なって認識されます。したがって、現代の女性は、このような驚くほどスタイリッシュで美しいアクセサリーでお祝いの衣装を補完する機会を逃すことはありません。夕方のモデル、ヘアピン、またはベール付きの帽子のミニバージョンが使用され、ビーズ、羽毛、リボン、花で飾られています。

所有者の全体的なスタイルと好みに応じて、幅の広い帽子、帽子、または丸薬を選択することができます。ステレオタイプを考慮しない場合、ベールのある黒い帽子は葬儀の一部であり、花嫁の白い特権である場合、製品の色には実質的な制限はありません。

いずれにせよ、巧みに選ばれたアクセサリーは、本物の女性と夕方の女王のように感じる絶好の機会です。

結婚式のベールの帽子

ベール付きの白いウェディング帽子は、結婚式のための優れた解決策です。純潔と無垢の象徴を考えて、白いベールは伝統的なベールに取って代わります。帽子のデザインは、未来の家族の幸せな半分のイメージに歪曲をもたらすでしょう。彼らの頭を覆うベール付きの結婚式の帽子は、教会の結婚式にも適しています。小さな開け具合は、写真セッションではすばらしいものになります。軽いレトロなシェードは、帽子の勝利に、短い透明メッシュのタブレットを与えるでしょう。

ベールで帽子を選ぶ方法は?

女性の衣装は、帽子自体の形や大きさに関する基本的な規則を指示するだけでなく、しかし、彼女の顔の形は、この単純な問題ではなく、重要な役割を果たします。特に、スタイリストは以下を推奨します:

  • 大きな特徴と幅広い顔を持つ女の子は、盛り上がった畑を持つ帽子を選ぶ。
  • 楕円形としなやかな顔をした女性に幅の広い帽子と平らな王冠を着用する。
  • 帽子型の帽子をかぶって鼻を飾る。
  • 高成長の女性は、フラットクラウンを備えた幅の広い帽子を好む。
  • ミニチュアの若い女性は、オプションとして、あなたはハットシリンダを考慮することができます。
  • 例外なく、絶対にすべての錠剤錠剤に直面して、おそらく、このモデルとそのような人気を楽しむ。
ベール1の帽子 ベール2の帽子 帽子付きベール3
帽子付きベール4 ベール5の帽子 帽子付きベール6
ベール7の帽子 帽子付きベール8 ベール9帽子

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 4 = 2