Posted on

乾燥したリンゴは恩恵を受け、害する

リンゴは最も有用な製品の一つです。ビタミン、ミネラルおよび他の栄養素の複合体は、健康を改善し、身体が疾病と戦うのを助けます。しかし、2ヶ月のうちに、地元の収穫のリンゴは、その有用な特性を失い始める。果物の安全性に関するスキャンダルが定期的に火傷を負う輸入製品を購入するには、多くの問題が解決されていない。すべての有用な物質をリンゴに保ち、一年を通して体内に供給するために、簡単な乾燥方法を適用することができます。栄養士や医師が長年研究してきた乾燥したリンゴは、季節性のビタミン欠乏症、病気や気分の悪い品種に対処する優れた製品です。

乾燥したリンゴは有益ですか?

乾燥中、リンゴは液体を失い、有用な物質はすべてそのまま残る。次の収穫まで、すべての酸、ミネラル、ビタミンをこのような製品に保存することができます。乾燥したリンゴはそのような物質を含んでいます:

  1. 砂糖(フルクトース、グルコース、スクロース) - 製品の約12%を占めます。このような糖の量は、身体的または精神的な重い負荷の後に力を回復するために、生物を飽和させるために迅速に役立ちます。しかし、食事中に乾燥したリンゴに浸漬することを勧めない栄養士を混乱させるのは、この成分です。
  2. 有機酸は約2.5%を占める。乾燥にはリンゴ、クエン酸、アラビア、酒石酸、クロロゲン酸があり、酸と塩基のバランスを維持して感染症と戦うのに役立ちます。
  3. 代謝プロセスと消化プロセスの通過に必要な多糖ペクチン物質。コレステロールのレベルを低下させます。
  4. 抗菌性と抗炎症性を持つタンニン。
  5. 鉱物性物質。乾燥したリンゴは、血液の質および心臓血管系の機能を改善するために必要な鉄とマグネシウムの貯蔵庫です。乾燥中のヨウ素は代謝を改善し、ホルモン系の活性を助ける。
  6. フラボノイドは、乾燥したリンゴの皮膚に見出される。これらの物質は細胞の損傷に抵抗し、フリーラジカルの影響を中和する。
  7. フィトンシデ(Phytoncides)、その目的は、病原菌および真菌の発生を抑制することである。

乾燥減量のリンゴ

すべての乾燥果実は、限られた量の食事中に使用されます。この理由は、乾燥した製品の高カロリー含有量である。例えば、新鮮なリンゴは、100gの重量当たり約40〜50単位のカロリー含有量を有​​する。乾燥したリンゴは水分を失うが、カロリーのあるコンテンツはどこにも消えない。したがって、乾燥した製品は一度5カロリーで新鮮です。乾燥したフルーツを消費する前に浸しておけば、そのカロリーは下がります。

あなたが乾燥したリンゴのダイエットで体重を減らしたい場合は、あなたは忍耐強くなければなりません。このような食事は、複合体 乾燥減量のリンゴ 乾燥果実とナッツを5日間栽培した。ある日は、乾燥した果実200gとナッツの数を同じにする必要があります。彼らは10分に分割され、1時間ごとに消費されます。また、多量の水と緑茶を飲む必要があります。

乾燥したリンゴは減量や通常の栄養のために使用することができます。 1回の食事、好ましくは夕食に交換してください。

乾燥したリンゴの被害

多くの糖は、乾燥したリンゴを、糖尿病患者および肥満糖尿病患者にとって最良の製品ではありません。さらに、胃腸科医は消化性潰瘍の悪化の期間にこの製品の使用を推奨していません。食事中、乾燥したリンゴは限られた量で消費されるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

44 + = 51