Posted on

心筋梗塞後の食事療法

以前は食べ過ぎないと確信していた人たちでもダイエットやライフスタイルを変える必要がある病気があります。梗塞はそのような疾患の1つであり、人は人命を危険にさらすため、心筋のような心筋の重要な部分が攻撃されて壊死するため、心血管系全体にとって最も不快な結果につながる可能性があります。心筋梗塞後の栄養は、あなたの人生に依存するので、最小の詳細まで考えなければなりません。

急性心筋梗塞:食事療法

最大限の治療効果を得るためには、心筋梗塞を伴う栄養補給は、一度でなく攻撃直後に修正する必要があることを理解することが重要です。この時点で、原則として、患者は、他の慢性的なヒト疾患を考慮する際に推奨を与えることができる医師の監督下にある。

小部分が観察された場合、分別食は5〜7回1日に処方されます - わずか200〜300グラム。このような心筋梗塞の食事には、

  • 1日2回必要です - 半分のカップのニンジンジュースには、精製されていない植物油のスプーンが付いています。
  • 低脂肪乳製品;
  • 液体、強く沸かした粥、
  • 野菜スープ、ブイヨン。

このような時代には、塩分とそれが含まれている食品を食べるべきではありません。

広範囲の心臓発作後の食事:瘢痕化の期間

概して、約1ヶ月半後に、より多様な食事への移行は、大きな心臓発作で処方される。あなたは60%の炭水化物、30%のタンパク質、10%の脂肪のバランスを観察する必要があります。この条件が満たされれば、何でも食べることができます。食べ物には塩分が含まれていますが、1日5〜7グラムの食塩が制限されています。

今日の健康を維持するためには、お茶とスープなど、食べ物と一緒に3グラスの水とほぼ同じ量を飲む必要があります。

栄養状態のこの段階では、心臓発作によって食べ物の数が減少します - それは3-4に過ぎず、寝る前にヨーグルトまたはリャゼンカを飲むことができます。

心筋梗塞後の食事療法

おそらく攻撃を受けたすべての人は、心臓発作後の正しい食生活と体制がすべての人生で観察される必要があることに驚くことさえありません。禁止の下では、常に以下のような製品があります:

  • コレステロールが豊富な製品 - 卵黄、副産物など。
  • 脂肪、肉、家禽、魚、ラードおよびすべてのソーセージおよびソーセージのグレード;
  • あらゆる種類のピクルスと燻製製品;
  • マスタード、西洋ワサビ、スパイシーな調味料;
  • 強いコーヒーや紅茶。
  • アルコール飲料。

患者が過剰体重に問題がある場合は、この病気で体重が過剰になると生命を脅かすので、体重を正常に戻すために小麦粉の消費量を減らすことが推奨されます。

しかし、広範な梗塞を伴う栄養は、多種多様であり、熟練した料理では、人々は食事が制限されたり制限されることさえ感じられません。望ましい製品のリストを考えてみましょう:

  • 野菜や野菜(週に3〜4回、キャベツを食べる必要があります。色とりどりのブロッコリーも含まれます)。
  • 低脂肪の肉、魚および家禽の品種(一日に1つの部分のみ)。
  • スープを含む強力な肉、鶏肉および魚のスープ;
  • ドライフルーツ、プルーン、レーズン、アプリコット、ドライアプリコット、イチジク。
  • 牛乳およびすべての種類の乳製品;
  • ミルクとサワークリームソースを食べる。
  • 穀物(朝食には最高です - オートミールとソバ);
  • 果実、果実(柑橘類を含む);
  • パスタ、黒パン;
  • 心筋梗塞を伴う食事療法

  • 浸したニシン、シーフード;
  • ナッツ類 - 限定されているが定期的な種。
  • 豆;
  • バターおよび植物油;
  • 天然コンポート、ゼリー、ゼリー、ジャム;
  • ミルクまたはレモンを含む強い茶、ドグローズのスープ、
  • 野菜、ベリー、フルーツジュース - 新鮮なものを用意してください。

広範囲の心臓発作は、心血管系全体の健康状態がこれに依存するため、厳密な食事が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 78 = 81