Posted on

けいれんを引き起こす

気分が悪い時、筋肉のひずみの領域には鋭い痛みがあります - 楽しいものからではなく、多くの人にはおなじみです。このようなうずき感を経験したことがないなら、あなたはとてもラッキーです。寝心地の良い体が暖かく、眠りにつくようになる夜には、しばしば窮屈になる。彼らはまた、活動的なスポーツの間に発生することができます。

なぜ痙攣があるのですか?

筋肉痙攣の原因は多様である。発汗の増加や単調な動きのために身体に塩分がなくなってしまうことがあります。また、発作の出現要因は、筋肉の血行不足、針の刺し、急激な大きな音、アルコール乱用などである。

夜の痙攣は、より頻繁にストレスによって引き起こされます。より少ない頻度で、痙攣は、神経系の疾患、中毒、代謝障害の結果である。高齢者または子供は、より頻繁に痙攣に訴える。後者では、脳および神経線維の成熟が不十分であるために痙攣が起こることがあります。

筋肉の痙攣は、軽度から重度の形態に及ぶことがあります。弱い形態では、痙攣性の痙攣、起源の病巣におけるうずき、目に黒ずんでいることが少なく、混乱した意識がある。平均的な重症度レベルでは、尿や糞の失禁が以前の症状に加えられ、短時間の失神が起こる可能性があります。最も重度の発作は、てんかん発作である。このような場合、吐き気、めまい、口からの泡があります。

けいれんを起こす原因は何ですか?

たぶん、私たちの多くは、キャビアを窮屈にするのがいかに難しいかを感じなければなりませんでした。これはかなり不快ですが、あなたが定期的にあなたを心配している場合は、注意を払ってそれを扱うべきです。カルシウムのような微量元素、より正確にはその欠乏は、パラマウントに痙攣に影響を与えます。食事中には、カリウムとマグネシウムも毎日存在するべきです。それらは、バナナ、スイカ、オレンジ、焼いたジャガイモなどの食品に含まれています。

また、筋肉痙攣の原因は、特にあなたが水泳、エアロビクス、スポーツダンスに積極的に従事している場合、筋肉の緊張です。 3番目の理由は今や関連しています - それは致命的な低体温症です。

筋肉の弱い血液供給は、四肢の発作を引き起こすこともあります。

筋痙攣の治療

この疾患の治療は、発作のタイプに依存する。抗けいれん剤「ヘキサミジン」、「ジフェニン」の効果的な受容。良い予防方法は、温熱処置、セルフマッサージ、および休息である。

暑い天気では、患者は脱水を防ぐために冷たい水(塩1リットルあたり1ティースプーン)を飲むべきです。ローカルを改善する 夜に痙攣して脚を収縮させる交互に高温と低温の圧縮を適用することができます。

突発的に痙攣に襲われた場合は、自分自身を助けることができます。このためには、痛みのある部位の筋肉をストレッチ練習をして引き伸ばす必要があります。しかし、ここでは、痛みの閾値を克服する必要があります。

あなたはすでに上記から理解しているように、特定の微量要素が常にあなたのテーブルにあるべきであり、筋肉をリラックスさせる手順はあなたを不愉快な感覚から救うでしょう。

しかし、自己投薬が適切な結果をもたらさない場合は、遅らさずに、局所治療を行い、投薬を処方するリフレクソロジーに必ず従ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 49 = 58