Posted on

子供のためのピカミロン適応症

ピカミロンは、脳の機能を改善するノートロピックな薬物です。錠剤または静脈内投与のための溶液の形態で製造される。それは医療行為で長い間使用されてきました。ピカミロンはその組成においてニコチノイルアミノ酪酸を有し、これは広範囲の作用を有する。それは、脳への血液供給を最適化し、血管を拡張し、精神活動を刺激し、思考と記憶を活性化する組織や脳細胞に酸素を送達するのに役立ちます。また、成分は落ち着かせる効果を有し、精神的および肉体的ストレスを軽減し、弛緩させるが、眠気を引き起こさない。従って、この薬物は、多数の異なる疾患において使用される有効な薬剤として評価される。低い毒性と低い用量は、小児科でピカミロンを使用する可能性を与える。

ピカミロン - 子供の適応症

ピカミロンは、循環障害や低酸素(酸素欠乏状態)に起因する排尿障害の有機的な子供のために処方されています。これは、膀胱の正常な機能を回復させるために使用されます。膀胱の神経原性機能不全の治療、尿路の尿力学の変化に最も効果的です。

精神運動や発達発達の障害の場合にも適用可能です。しかし、乳児におけるピカミロンの使用経験は限られている。子供のためのピカミロンの公式使用は3年から許可されています。しかし今日、親はしばしばピカミロンの幼児が可能かどうかという疑問に直面する。なぜなら、この薬物は、筋緊張および全体的な発達を維持するために1歳未満の子供に処方されることが多いからである。この問題の明確化は、既存の問題に応じて、医師のみが可能です。

子供のためのピカミロン - 投薬量

この薬物は、食物摂取量にかかわらず、内部的に投与される。これは、小児および成人の投薬量(それぞれ0.02gおよび0.05g)で産生される。ピカミロンの使用は、子供の年齢によって異なります。

  • 3歳から10歳の子供は1日2回0.02gを与えます。
  • 10年以上、0.02gを1日3回;
  • 11〜15歳で1日2回、0.05gを服用します。
  • 15歳以降の小児は1日3回0.05gに処方される。

平均して、治療は約1ヶ月間続きます。ピカミロンは簡単に消化され、急速に胃に溶けます。このノートロピックは代謝されないが、尿中では変化しない体内から排泄される。脳、脂肪組織および筋肉に分布する。

ピカミロン - 禁忌

薬物は低毒性であるため、その使用は、薬剤の個々の成分に対する高感度およびアレルギー反応を有する小児に対してのみ禁忌である。また、急性腎疾患での使用は禁止されています。

Picamalon - 子供の副作用

副作用の中には過度の過剰興奮、顔の充血、吐き気などがあります。過量のピカミロンでは、副作用の重症度が増加する。利用可能な ピカミロンから子供の投薬量 患者の練習およびレビュー、薬物は容易に許容され、副作用は極めてまれである。この薬を服用しているほとんどの人はその効果について肯定的なフィードバックをしています子供の親は精神機能の改善を特徴づける。

所与の薬物の広範囲の作用は、その受容が疾患の性質および利用可能な症状に直接依存することを証明する。ピカミロン(Pikamilon) - 直接作用および副作用の両方を有する重篤な薬物であり、その使用は、他者のフィードバックおよびアドバイスに基づくものではなく、医師の推奨に基づくものでなければならない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

1 + 2 =