Posted on

乳児のくも膜下腔の拡大

くも膜下腔は、脳領域の殻の間に位置する空間である。それは液体で満たされています - 脳脊髄液は、脳の保護機能と栄養機能として役立ちます。通常、くも膜下腔には約140 mlの液体が入っています。

乳児のくも膜下腔の拡大

子供の発達障害の疑いがある場合、出産のトラウマ、慢性疾患、神経科医は、脳の単純な超音波検査である乳房X線検査を幼児に処方します。結論として、子どもがくも膜下腔を拡張し、親が困惑しているという句を見つけると、これはどういう意味ですか?

くも膜下腔の拡張は、脳脊髄液の循環の違反を示す。多くの場合、これは腔内の過剰量の摂取、すなわち水頭症または水頭症から生じる。これはまた、頭蓋内圧の上昇を示すこともある。この疾患の好都合な経過とともに、脳の脳室は正常限度内に留まるか、またはわずかに拡張されるだけである。この場合、2歳までに水頭症を「成長」させる可能性が高い。しかし、どんな場合でもケースに頼ることはできません。くも膜下腔の拡張の症状がある場合、子供は専門家によって検査され、適切な治療を受けるべきです。

くも膜下腔の拡張の治療

治療は、原則として、くも膜下腔の拡張の理由 - 頭蓋内圧の上昇または副鼻腔炎または耳炎による感染の排除にある。これを行うには、抗生物質療法とビタミンB群の複合体を処方します。タイムリーな治療では、回復の予後は非常に有利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

86 − = 77