Posted on

赤ちゃん用オキソリン軟膏

ウイルスや細菌の数が増えている間に、両親は子どもを感染から守るために何かをする準備ができています。コースでは、すべての即興手段は:ニンニク、ハニー、タマネギ、ハーブ煎じ薬と注入、吸入とローションです。多くは高価な抗ウイルス剤、抗菌剤、免疫調節剤で購入されています。疑いなく、両親はお金を払う準備ができており、子供たちに病気に対する確実な保護を提供するために、何らかの手段を試す準備ができています。

親と子供のためにしばしば実際の救済はoksolinovaya軟膏です。この薬は、病気を治癒させ、感染が粘膜に浸透するのを防ぎ、体を感染から保護するのに顕著です。同時に、薬の価格は非常に民主的です。しかし、小児科医の中には、1歳までの子供にオキソリン軟膏を使用しないことがある。どのようにオキソリン軟膏を使用することができ、どのように使用すべきか、またどの年齢でそれが子供にとって安全であるかを見てみましょう。

オクソノバヤ軟膏:組成と作用

オキソリン軟膏は異なることを理解する必要があります。有効成分 - オキソリンの濃度。ウイルスの風邪の治療と予防には、そのタイプの1つ、すなわちオキソリン軟膏0.25%を使用します。異なる濃度の薬物は、他の疾患を治療するために使用される。

オキソリン軟膏がどのように作用するかをより詳細に検討しましょう。説明書によれば、それは顕著な抗ウイルス効果を有し、すなわち感染を予防し、初期段階で疾患の進行を遅らせ、身体感染を助ける。この薬の有効性は科学的に証明されており、現在まで、ヘルペス、アデノウイルスおよびインフルエンザにはオキソリン軟膏が使用されています。

あらゆる医学的製剤と同様に、口内炎、ヘルペスまたは他の疾患のためのオキソリン軟膏は、医学的な予定なしでは、任意に使用すべきではない。特に、我々は、軟膏新生児や乳幼児をオキソリンことができるかどうかの質問は、子どもの健康と医療の勧告の状態に応じて、純粋に個々に解決しました。いずれの場合でも、2歳までの子供の使用のために、薬剤はワセリンまたはクリームで希釈される。しかし、「純粋な」希釈されていない形態での適用の場合でさえ、軟膏は非常にめったに副作用を最小限でも引き起こす。

ない自己薬で治療に、貯蔵寿命を監視するために、その裁量の御馳走でスキームを変更せずに、医師の指示に従ってください - あなたは、抗生物質、粘液溶解薬、oskolinovaya軟膏がいるかどうか、任意の医療機器を使用する主なルール。 Oksolinovaya軟膏は2年間適しています。

同時に、オキソリン軟膏には多数の禁忌があるという事実に注意を払う。そして、彼らの主なものは、最長2年間の年齢です。赤ちゃんのオキソリン軟膏の作用について特別な研究は行われておらず、この治療法を使用して、あなた自身の危険と危険にさらされます。多くの小児科医は、予防目的のために、赤ちゃんの鼻孔に石油ゼリーを注ぐだけで十分であると主張しています。これは、感染に対する機械的障壁を作り出すのに十分である。支持者 口内炎のためのオキソリン軟膏ホメオパシー治療は、鼻用の軟膏とは一切関係なく、海水や生理食塩水ですすぎをすることをお勧めします。また、オキソリン軟膏は、鼻の中で乾いた粘液および短期間の燃焼を引き起こし得ることにも留意されたい。

お分かりのように、赤ちゃん用のオキソリン軟膏の利点についての明確な意見はありません。両親と小児科医は、いずれの場合も、カタル性およびウイルス性疾患を予防するための最も適切な方法を選択します。覚えておくべき主なことは、病気の子供を治療し、起こりうる合併症と戦うよりも予防​​を行い、病気を避けることはずっと簡単であり、より良いことです。健康的なライフスタイルを導き、子供たちに教えて健康になるようにしてください!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

8 + 2 =