Posted on

乳首感度

多くの場合、乳首の感度は、妊娠中のホルモンの背景の再構築に関連しています。これは成功した受精の最も初期の症状の1つです。もちろん、不快感や刺激を引き起こすので、この感覚を呼ぶのは楽しいことではありません。

妊娠中の乳首の感度を決定する要因は何ですか?

興味深い立場についてまだ推測していないが、将来の母親は困惑し、なぜ乳首が非常に敏感になったのか。この現象は、すべてを最小限の細部まで予見し、新しい人生の成長と発展に必要な条件を作り出した自然の次の知恵に起因する可能性があります。事実、妊娠の場合の乳首の感度の増加は、乳房を刺激から保護する機能を果たす。子宮収縮および子宮腔からの胚の排除を引き起こすことができる。科学的な観点から、乳首の感度の増加は、生物の再構成、特に母乳栄養のための乳腺の調製によって説明される。早い時期に女性は乳房のサイズが大きくなっていることに気付き、より弾力性と痛みを感じています。これは、ホルモンプロラクチンの影響下で起こる腺組織の増殖によるものである。

明らかに、女性は変化を避けることができず、そのような不快な瞬間は耐えなければならないでしょう。苦しみを少し軽減するために、サイズに適した新しいブラジャーを選ぶことが必要であり、天然の生地から縫い付けられています。

乳頭に対する過敏症の他の原因

女性が月経周期の特定の日に乳首の感受性の増加について不平を言うことは非常にまれです。再び、変化はホルモンの背景の再構築に関連している。ほとんどの女の子は、乳首が月経直前にもっと敏感になったことに気づいています。したがって、体は次のサイクルで考えられる概念を準備している。

この現象のもう一つの理由は個々の特徴です。結局のところ、乳首の皮膚のすべての女性は性的興奮の原因となる神経終末をたくさん持っています。しかし、乳首が非常に敏感で、わずかな接触に反応する場合、これは非常に近い神経終末を示している可能性があります。これらの女性は、下着と寝具の品質を慎重に監視し、しっかりしたブラジャーを放棄し、検査されていない個人衛生を放棄する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

51 + = 52