Posted on

妊娠中のグルコースグルコースのレベルは、炭水化物代謝の状態の指標であり、これは妊娠中に注意深く監視されている。多くの場合、医師は、いわゆる妊娠糖尿病を示す値の増加を恐れています。この条件が原因ホルモンの変化や妊娠中の女性の体に増加した負荷に関連した一時的なインスリン合成の軽微な不規則に発生します。耐糖能の研究成果が不十分証明した場合にすることができ妊娠糖尿病について語る(以上140から200ミリグラム/デシリットル)、および3時間の試験を懸念(が200mg / dl以上のグルコースの測定値)を確認しました。病気を診断するときは、妊婦は特別な食事に従い、毎日のルーチンを守り、血糖値をコントロールし続けるべきです。

しかし、将来の母親が追加のデキストロース一水和物の供給源を必要とすることは珍しいことではなく、妊娠中のグルコースは、点滴器または筋肉内注射の助けを借りて静脈内投与される。だから、妊婦に使われるグルコースは何ですか? - 見つけよう。

妊娠中の女性になぜグルコースが注入されるのですか?

グルコースの作用 - 代謝を改善し、体内の酸化還元プロセスを強化するための炭水化物栄養の主要な手段。 妊婦にブドウ糖を落としているもの従って、実際には、妊娠中のグルコースは、身体の中毒を伴う重度の中毒症の水 - 塩バランスを回復させるために静脈内投与される。妊娠中の糖尿病者は、腎不全、低血糖症、出血性素因が示されています。

妊娠中の女性が重度に枯渇した場合、胎児の体重が正常値を下回っているときに薬剤を割り当てます。

中絶や早産の脅威があると、デキストロース一水和物(グルコース)とアスコルビン酸を含む妊婦に注射が行われることがよくあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

28 − 22 =