Posted on

妊娠5週目は下腹を引っ張る多くの場合、妊娠5週目の妊娠初期の未来の母親は、下腹部を引っ張っていると不平を言う。この現象がどのようなことから観察できるのか、それが常に違反を示しているかどうかを調べてみましょう。

下腹部の痛みの原因としてホルモンの背景を変える

より頻繁に痛みを伴う感覚は、ホルモン系の働きの変化と関連している。そのような場合、痛みは強くなく、その発生の頻度は一時的である。ほとんどの場合、同様の現象は1〜2ヶ月以内に消滅します。

どのような違反が短期間で下腹部に痛みを引き起こす可能性がありますか?

長期間痛みが表明され、同時にその強さが増す症例では付随する症状があり、医師に診てもらうことが急務です。

それはしばしば女性の妊娠の産科第五週が下腹部を引っ張る理由の説明があることに注意する価値がある、することができます:

  1. 凍った妊娠。 この場合、女性は、膣からの出血、吐き気の発生、嘔吐、体温の上昇および全体的な幸福の低下を観察する。そのような場合、入院が必要です。
  2. 子宮外妊娠 また、妊娠5週間で女性が胃を引っ張るという事実を伴うこともあります。徐々に痛みが増す一方で、同時に膣からの滲み出が現れる。超音波を行うとき、子宮腔内の胎児卵は存在しないが、卵管に直接局在する。唯一の治療オプションは、胚と一緒にチューブを取り除くことです。
  3. 尿生殖器系の病気。 原則として、妊娠の発症とともに、既存の慢性疾患の悪化がある。例えば、妊娠5週の女性が胃を引っ張って戻した場合、おそらくこれが膀胱炎です。同時に、圧痛および排尿頻度が増加する。
  4. 腎盂腎炎 同様の痛みを伴い得る。しかし、顔や体の腫れが目立つ。

このように、この論文から分かるように、下腹部の痛みは、正常な変形であり病理を示すことができる。この事実を考えると、それが現れたらすぐに医者に知らせる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 69 = 74