Posted on

子供用エンテロゼル

Enterosgel - 子供のためのenterosorbiruyuschy薬、経口的に取られるとき、解毒効果がある。これは、子供の体内の毒性物質や腸や血液に含まれる病原体を除去するように設計されています。腸内細菌は正常腸内微生物叢に影響を及ぼさず、また肝臓や腎臓の働きを正常化させ、子供の免疫力を強化することに注意する必要があります。この薬剤の別の肯定的な特徴は、適用後、5〜8時間以内に身体から完全に排除されることである。原則として、小児用のエンテロゼルは小児科医によってペーストの形で処方され、任意の年齢で使用される。 Enterosgelはかなり安全な薬であると考えられていますが、1歳までの子供は独立に任命されるべきではありません。

子供のためのEnterosgel - 使用の表示

この薬物は、体の中毒を伴う疾患のために処方されています:

  • 腎疾患;
  • 肝疾患;
  • 消化管の疾患;
  • 感染症;
  • さまざまな中毒。
  • アレルギー性疾患;
  • 敗血症プロセス;
  • dysbiosisの複雑な治療。

Enterosgelの子供 - 投与量

Enterosgelはペーストの形態で使用のために完全に使用可能であり、経口投与のために処方され、多量の水で洗い流される。食事やその他の薬の前後に2時間間隔で飲むことをお勧めします。治療期間は個々の症例ごとに決定され、平均して7〜14日である。乳児のエンテロゼルゲルは1日2回5g(1ティースプーン)処方されています。 3〜5歳の子供のための単回投与量も5〜14歳で10g(デザートスプーン1杯)であるが、乳児とは異なり1日3回服用するべきである。治療の最初の3日間に重度の中毒の場合、2倍の用量増加が可能である。

Enterosgelは通常、植物製剤、免疫調節剤、アダプトゲン、細菌製剤などの他の医薬品との複合治療に使用されます。また、この腸溶体の最初の摂取で、便秘が起こることがあり、そのような場合には、浄化浣腸を行うことが推奨されることにも留意すべきである。

子供のためのEnterosgel - 禁忌

この薬を服用するための禁忌はありません。エンテロゼルでの治療は、薬物の主な活性物質の寛容だけでなく、腸の無力症でも受け入れられません。

多数の医学的研究の結果、エンテロトキシンはあらゆる年齢の子供にとって十分安全であり、他の腸溶性薬物とは特別な柔軟性を有することが異なることが証明されている。

ほとんどの場合、エンテロトキシンは子供が十分に忍容性があり、必要に応じて、医師の指示に従って、非常に早い時期から子供に持ち帰ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

15 − = 10