Posted on

子供用シロップ

あなたの赤ちゃんが病気になって咳が始まる場合は、必ず医師に連絡して、喉を調べ、赤ちゃんの肺を聞き取り、治療を処方するようにしてください。咳薬がたくさんあります。咳のタイプに応じて、医者はあなたの小さな患者のシロップのアンブロベンに処方することができます。この薬物は、優れた分泌性、粘液溶解性および分泌性運動作用を有する新世代である。この溶液は、紅色の風味があり、子供が飲みやすいです。この薬剤は、痰の粘度を完全に低下させ、呼吸器からそれを除去する。シロップはすぐに血液に入り、効果は6〜12時間続きます。次に、アンブロベンのシロップを胃腸管から完全に除去する。この薬は、それぞれ100mlの暗いガラス瓶で作られています。

子供用アンブロベン組成

ソルビン酸カリウム、塩酸および精製水:子供のための溶液ambrobeneは、活性物質アンブロキソール塩酸塩および賦形剤を含有します。

アンブロベンは、錠剤、摂取のためのシロップ、および以下のような疾患における吸入のための解決策の形態の子供に使用される:

  • 肺炎;
  • 気管支炎;
  • 気管支喘息;
  • 喉頭炎;
  • 気管炎。

小児用アンブロジェン

通常、シロップのアンブロベンは食後30分以内に使用され、十分な水または茶で洗い流されます。

シロップの赤ちゃんは6〜12歳の子供たちのために1日3回のシロップ2.5ミリリットル取って6年に2年から、2 2.5ミリリットル、1日2回、子ども歳割り当てることは5ミリリットル2-3回を取るのに十分です一日あたり、一日あたり4ミリリットル3回服用の最初の2日間でティーンエイジャー、およびソリューションの後に4ミリリットル、1日2回。

子供用の吸入の場合、アンブロバン溶液を塩化ナトリウム溶液と混合し、体温に加熱する。最大1年までの子供のためのアンバーボーンを用いた吸入は、必然的に医師の管理下にある。赤ちゃんの治療中は、たくさんの水を飲む必要があります。

アンブロジェン錠剤は、6歳未満の子供には禁忌です。この年齢から、錠剤は、薬物への注釈に示されている投与量に従って投与することができる。過剰摂取はどの年齢の子供にとっても非常に危険であるため、これらの要件を必ず遵守してください。

過剰摂取

過剰摂取の場合、水晶体児の次の症状が起こります:

  • 重度の悪心;
  • 嘔吐;
  • 唾液分泌が増加した。
  • 血圧の低下。

過剰摂取による治療は胃洗浄でなければならない。

副作用および禁忌

アンブロベンを使用するときには、頭痛、衰弱、口渇、吐き気、嘔吐、下痢があることがあります。非常にまれに、皮膚発疹、顔面腫脹、発熱などのアレルギー反応があるかもしれません。副作用が起きた場合は、その薬を捨てるべきです。咳の減少の背景と同様に、咳を抑制する薬剤とアンブロバンのレセプションを組み合わせることはできません。痰が気道から逃げるのは困難です。子供のためのアンブロベン溶液が抗生物質と同時に処方される場合、後者は肺様式においてより良くなり、その結果、その効果が増強される。

子供のためのアンブロケンソリューション

子供のためのシロップアンブロバンの使用に対する禁忌は:

  • 成分に対する過敏症;
  • 胃または十二指腸の潰瘍;
  • てんかん;
  • 重度の腎臓病および肝臓疾患。

Ambrobeneシロップは広く、その有効性の小児患者に使用されますが、親は子供が通常非常に迅速に開発し、子供の体に可能な合併症を避けるために、医師の指示の下で厳密にそれを取る必要があることを覚えておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

21 − 16 =