Posted on

授乳中のリンゴを焼いたもの

赤ちゃんのケアは、眠れない夜とおむつの定期的な交換だけではありません。赤ちゃんの健康のための闘いにおける重要な役割は、母乳の利益に直接影響するため、母親のバランスのとれた栄養です。それらを食べると、赤ちゃんはその発達に必要な栄養素をすべて摂取します。

例えば、よく知られているビタミンの貯蔵庫を取ってください。授乳中に必要な食べ物があります。これは、赤色顔料との品種は子供では非常に望ましくないアレルギー反応を引き起こす可能性があることを念頭に置くことが重要である、緑のりんごを食べることが好ましいであろう。しかし、また、看護の母生のリンゴを食べてから、赤ちゃんの人生の最初の数ヶ月で、彼は病気のおなかと意志GAZの車を取得することが起こり得ます。もちろん、このような落ち着きのない状態grudnichkaは、消化管の彼の未熟さによって説明することができ、順番に、より良い食生活の中にパン粉で、このような「痛みを伴う」イベントの出現を誘発しません。そのアイテムの1つは、授乳中のリンゴです。

授乳中のお母さんのために焼いたリンゴ:何の使用ですか?

看護のためのオーブン焼きりんごであることに加え - 子供で疝痛やガス形成に対する予防、それはまた、非常においしいと健康的なデザートです。その利点は、焼く、Appleはビタミンの最大量(A、C、E、PP、B1、B2、B6、B9、等)およびミネラル(銅、カルシウム、マグネシウム、ニッケルを保持するだけでなく、という事実にありますヨウ素、マンガン、リン、亜鉛、ならびにリンゴ、特に鉄およびカリウム)の豊富なだけでなく、他の有用な化学物質で充填された温度の影響下にあります。

さらに、母乳育児中に焼いたりんごは、母親の体全体にプラスの効果をもたらします。

  • 産後の期間に非常に重要なリンパと血液の組成を回復させる;
  • 心筋の健康をサポートし、血圧の自然な調節のプロセスに参加する;
  • 血液中のコレステロールのレベルを低下させる;
  • 体に抗炎症作用を有する。
  • 繊維やペクチンの含有量が多いため、体重を減らし、代謝過程を改善します。
  • 授乳中のお母さんのために焼いたりんご

  • 便秘を予防し、腸の内容物を希釈することによってそれらを和らげる;
  • 鼓腸の出現を防ぐ。
  • それらは、不全症の治療に使用され、消化を回復させる。
  • 肝臓や腎臓の働きを改善する;
  • 皮膚の状態に有益な効果を及ぼし、それを締め付け、細かいしわを滑らかにします。

ご覧のように、授乳中の母親のために焼いたりんごは、赤ちゃんの静かな行動を保証する有用で美味しい治療法です。このような珍味のある新鮮なリンゴと比較して、いくつかの余分なカロリーは数えられません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

52 + = 61