Posted on

キュウリの授乳婦ができますか?

歴史的にも知られているように、キュウリは3000年前にインドで初めて登場しました。この野菜は、定義上、栄養素を含んでいないと思われます。実際、この仮定は誤っている。

昔、人々はキュウリの薬効を利用していました。だから、かなり頻繁に血圧を正常化するために、また様々な化粧用マスクを準備するために使用されました。加えて、キュウリは顕著な利尿効果を有する。

授乳中の新鮮なキュウリ

ほとんどすべての母親が、母乳育児中に、「キュウリ(新鮮な塩漬け)を食べることができますか?

今日まで、多くの小児科医は、母乳育児に推奨されていない食品のリストに新鮮なキュウリを入れています。

事はそれ自体新鮮なキュウリで、腸内のガスの増加した形成に寄与し、最終的には必然的に赤ちゃんの鼓腸の発達につながる。しかし、各女性の生物は個体であり、いくつかの看護婦は、若い、緑の、キュウリのサラダに支えられた後、気分が良くなります。

授乳中の母親が新鮮なキュウリをまったく食べることができるかどうかを判断するには、小さな実験をする必要があります。彼女は文字通り半分のキュウリを食べ、授乳後は赤ちゃんを観察する必要があります。 10〜12時間後のアレルギー反応がなければ、母親は2〜3日に1〜2回小さなキュウリを1回摂取することができます。

授乳中のキュウリ缶詰

軽度に塩漬けされたキュウリは、程度は低いが、腸内のガスの形成を増加させるので、赤ちゃんを飼う母親のための食物として使用することはお勧めしません。さらに、そのような製品中の塩およびミネラルの過剰な含有量は、体内の水分保持をもたらし、これは浮腫形成につながり得る。

それにもかかわらず、授乳中の母親が実際に塩漬けのキュウリを食べたい場合は、すぐに少量の水で飲むのが最善です。これにより、体内の塩濃度が低下し、手足の浮腫の可能性が防止されます。

あなたが本当にしたい場合、あなたはすることができます

その組成物中の新鮮な野菜には多量の繊維が含まれているため、医師は多数の授乳中の母親でそれらを食べることをお勧めしません。赤ちゃんのまだ脆弱な腸に大きな負荷をかけるのは彼女です。したがって、若い母親は、自分のパン粉の腸を検査しないように、野菜を食べることに関与すべきではありません。

しかし、これは食事から完全に排除する必要があるという意味ではありません。赤ちゃんがこの野菜にアレルギー反応を起こさない場合、母親は1日に1〜3個の小さなキュウリを食べることができます。午前中や少なくとも昼食時に食べるのが最善です。寝る前に、キュウリを食べない方がいいですし、 授乳中の新鮮なキュウリ 以来それらに含まれる繊維は消化のために大量のエネルギーを必要とし、夜間は胃が休まなければならない。

したがって、あなたは授乳中にキュウリを食べることができますが、少量です。しかし、新鮮な野菜や缶詰の違いはあまりありません。ここではすべてがまず女性自身の好みに左右されます。しかし、キュウリの過剰な消費は、クラムの鼓腸の発達につながる可能性があることを忘れないでください。したがって、母親は常に食事を監視し、本質的にアレルゲンである多数の食品を食べる必要はありません。さもなければ、若い母親の問題を避けることはできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

48 − 45 =