Posted on

授乳中の母親の下痢

母乳育児の全期間中、女性は完全に食べ、アルコールを飲むことを避け、ほとんどの薬を飲むように勧められています。しかし、勧告の最後の部分を無邪気に壊さなければならない場合はどうしたらよいでしょうか?誰も病気や病気から免れません。冬には、風邪やウイルス感染によって癒され、夏には胃腸管の病気の数が増えます。授乳中の母親の下痢 - 症状はそれほど稀ではないので、この病気を治療するよりも詳細に検討し、下痢を伴う母乳飼育が可能かどうかを検討してください。

授乳中の下痢:私は授乳できますか?

母乳育児を伴う下痢はむしろ不快なものです。まず、授乳中の母親の状態が悪化し、体が脱水される。第二に、多くの女性が母乳を介して感染することによって病気になることを怖がっています。しかし、私たちはどんな病気でも、身体は病気の病原体に対する抗体を産み、これは母親の乳とともに子どもに受け入れられることを忘れています。したがって、多くの小児科医および母乳育児のコンサルタントは、下痢の間および逆の歓迎の場合でも母乳育児を禁じません。

しかし、泌乳中の下痢は、特にウィルス感染や危険な微生物によって引き起こされた場合、非常に危険です。したがって、下痢に加えて授乳中の母親に嘔吐と高熱がある場合は、すぐに医師に診てもらうのが最善です。おそらく、彼は簡単に母乳育児をやめるよう助言するでしょう。

授乳中の下痢の治療

胃腸管のほとんどの病気のように、下痢は、まず食生活で治療されます。授乳中の母親の食事から、新鮮な果物や野菜、揚げた、鋭い、塩辛い食べ物、香辛料、お菓子、ミルクを排除する必要があります。しかし、サワー・ミルク製品は、逆に、歓迎されます。液体の損失を補充 - より多くの水を飲む。そして、あなたが赤ちゃんに近づく前に手を洗ってください!

もちろん、薬を服用する前に、授乳中の母親は医者に相談するべきです。しかし、そのような可能性がない場合、泌乳中の下痢で、あなたは安全で効果的な手段、すなわち活性炭、Sorbex、Carbolen、Smektyの助けに対処することができます。水と塩のバランスがレジデントンの回復に役立ちます。

泌乳下痢

あなたは、看護のための下痢のための民間療法を使用することができます:

  • ザクロのクラスト(茶のような醸造);
  • オークの樹皮の煎じ薬;
  • ベリーチェリー(醸造または乾燥);
  • 米汁;
  • ペパーミント(ハーブの大さじは沸騰水を注ぎ、30分を主張します食事の前に毎日3-4回飲む)。

もちろん、神経質にならないようにしてください。授乳中の母親の下痢がしばしば神経に発生することが知られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 3 = 9