Posted on

新生児に3週間

あなたの赤ん坊はすでに3週齢で、まだ新生児の状態にあり、最初の月の終わりまでそうなります。医者が新生児と呼ぶこの期間。

新生児の生後3週間目とそれに続く1ヶ月目の時間は、感覚や画像の新しい理解不能な生活への適応の時期です。

生後3週間の新生児の発達

子供はすでに周囲の世界に知り合い、積極的に適応し始めています。 3週目に新生児は既に大人で意識があるようです:

  1. キッドは既に体重が良く(500-1000g以内)、成長し(2-3cm)、強くなった。
  2. 新生児の生後3週間目に、意識的な笑顔が最初に観察されます。クラムはそれを大人の穏やかな扱いに答えます。同時に、不愉快なイントネーションが聞こえた場合、赤ちゃんは不承認に悩まされる可能性があります。
  3. 新生児は3週間で明らかに音を聞きます。彼は不快で苛酷なものにふれあいをして反応し、非常に強い騒音で子供は驚いて涙を浮かべます。
  4. 3〜4週間の終わりまでに、子供は仰向けに頭を保持しようとします。一部の子供たちはそれをうまくやる。しかし、赤ちゃんの努力が無駄に残っている場合、彼はこのスキルを習得するために残っている月を持っている場合は気にしないでください。
  5. 人生の3週目の新生児はすでに目の焦点を合わせる方法を知っています。早ければ、子供が2秒以内に何かに目を向けると、今は彼の母親の顔をもう少し見ることができます。
  6. 3週目までに、新生児は、探索、防御、握りしめ、胸部、吸盤、足底、ステッパー、BabinskyとGalantの反射など、すべての先天性反射を依然として保持しています。
  7. 最初の月の終わりに向かってハンドルと脚の混沌とし​​た動きが減速し、筋肉の緊張の増加は依然として存在するが、それほど顕著ではない。

3週目の新生児の発達は、明らかに規定されたスキームに従って行われてはならず、各子供は個々であり、子供は肉体的および感情的特性において異なる。

赤ちゃんの両親のための一般的なヒント

  1. どんな年齢の子供にとっても、両親を理解することは非常に重要です。新生児でさえ、介護用の母親がベビーベッドの近くに現れたとき、安全、快適、平和の感覚を持っています。
  2. 子供のKolikovとgaziki - これは現代の親の悪夢です。新生児の生後3週間目に、これらの障害は特に顕著である。頻繁に、赤ん坊の一見無関心の泣き、眠れない夜、摂食の困難は、新しくお母さんとお父さんの混乱につながることがよくあります。 3ヶ月で、赤ちゃんの消化器系が正常に機能し、これらの障害は痕跡なく消えます。当然のことながら、おなかのマッサージ、ジル・ウォーター、ガス・パイプ、必要に応じて医薬品の助けを借りて、子供の状態を緩和する必要があります。
  3. 幼い子供たちが睡眠と覚醒を独立して規制することは困難です。疲れた子供は、泣いたり、脚や手で触ったり、握りこぶしにしたりします。子どもが寝るのを助けてください:柔らかい毛布に包んだり、手にかけたり、静かな音楽を鳴らしたり、子守歌を歌いましょう。
  4. 泣くことは子供を外の世界につなげる自然な方法です。子供は泣きの助けを借りて、彼の状態とニーズについて報告します。彼は、空腹で疲れているとき、おなかや耳が痛いとき、不快なとき、寒いときや暑いときに泣きます。
  5. 人生の3週間での新生児のビジョンは理想とはかけ離れていますが、 新生児の3週間の生活彼は彼に近い大きな物体を見ることができます。この期間中、子供たちは自分の視野にあるすべてのものを見ることに積極的に関心を持ち始めます。最初のおもちゃのおかげで、さまざまな形の明るいガラガラの世話をしてください。
  6. 殆どすべての新生児は目を擦り、心配しないでください。これは双眼視覚形成の終了直後に4-6ヶ月後に消える正常な現象です。
  7. 新生児は光を恐れ、明るい光で頭を回して目をぞんざいにします。ブラインドランプを避けるようにして、より薄暗い照明を優先してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 80 = 88