Posted on

最短時間で子宮外妊娠をどのように判断するのですか?

早期の妊娠の可能性のある合併症のうち、異所性妊娠が第1位の1つである。この違反は、不適切な埋め込みプロセスによって特徴付けられる。より詳細に検討し、徴候に名前をつけ、病理学的過程の原因を特定し、子宮外妊娠をどのように決定するかを説明します。

異所性妊娠 - 種

この病理には、子宮腔外の移植プロセスが伴う。これは、生殖器系のさまざまな部門で発生します。胎児の卵が局在化できる異所性妊娠などの病態を診断すると、医師は超音波の使用を決定する。これに応じて、以下のタイプの違反が区別されます。

  • 腹部子宮外妊娠 - 将来の胚が腹腔に入る(症例の0.3%)。
  • 卵巣 - 胎児の卵が卵巣で形成される(0.2%)。
  • 卵管妊娠は、一般的なタイプの障害である(異所性妊娠の全症例の98%以上)。
  • 子宮頸部 - 子宮頸管に移植が行われる(0.01%)。
  • 子宮内の移植(症例の0.25%)。

あなたが見ることができるように、それは卵管妊娠の違反の一般的なタイプです。卵管で卵子後の受精は子宮に移動していないときに形成され、管壁に移植され始めます。産婦人科の統計的観察によると、ほとんどの場合、直接病理右のチューブに影響を与えます。

卵巣の子宮外妊娠

卵巣における卵子の注入管に子宮外妊娠未満で固定されています。違反のこのタイプでは、将来胚生殖腺の表面に取り付けられています。妊娠のこのタイプの発展のメカニズムに主区別 - 卵子が卵巣の隣のスペースに保持されている場合、二次 - 事件卵管流産後の卵子の再試行移植。

このような変化の結果として、血管は破壊され、性腺を覆う - 出血は腹膜の腔に発生する。この状態は、最初の瞬間から1時間以内に緊急の医療、外科的介入、入院が必要です。その結果は治療の適時性に直接依存する。

子宮外妊娠

腹腔内の子宮外妊娠

このタイプの異常は、腹腔の異所性妊娠のように、しばしば二次的特徴を有する - 胎児卵の繰り返し移植の結果として発症する。この場合、この領域にある任意の器官に取り付けることができます。しばしば、これは腹膜の表面上で起こる。このタイプの妊娠はまれであり、感染過程を発症するリスクが高く、妊婦の健康と生命に脅威を与えます。そのような病状の頻繁な合併症は出血である。

腹腔内で発達し始める胎児はすぐに死ぬ。しかし、助産師は子供が生き残った稀な単一症例を記録したが、発達の病理は異なっていた。この場合の送達は、帝王切開の手術経路によって実施された。子供たちは生命と矛盾する病理で生まれ、数時間後に亡くなりました。

子宮外妊娠をどのように判定できますか?

この妊娠過程の複雑さは、診断するのが難しい。これは、最初の妊娠では、正常とは事実上異ならないという事実に起因しています。黄色い体はホルモンを合成します。その意味で、女性は概念の事実を決定します。このプロセスは、受胎の瞬間から7〜10日目に起こる移植段階で失敗する。胎児の卵は子宮腔に到達せず、その外に移植され始めます。

早期に子宮外妊娠を判断する方法について話すと、医師は違反の種類に注意を払う。したがって、子宮妊娠の進行には明らかな臨床像はありません。妊娠した女性は気分が良く、病理の兆候はありません。それだけでは、女性は邪魔された子宮外妊娠 - 管が壊れ、感染し、出血する状態 - を検出することができます。

問題を調査し、外部徴候による異所性妊娠の判定方法を見つけようとすると、医師は次のような頻繁な異常の非特異的徴候を特定しました。

  • 月経の遅れ;
  • 月経に関連しない出血の出現;
  • 下腹部の痛み、背中の痛み。
  • 悪心および嘔吐;
  • 乳腺の充血;
  • 味の変化。

黄体期の妊娠の臨床像は、完全に依存しています:

  • そのタイプ(チューブ、卵巣、腹部);
  • 出血の程度。

チューブ内の子宮外妊娠

子宮外妊娠はいつ何時に決定されますか?

タイムリーに治療を開始するために、合併症の発症を排除するために、妊娠している母親は、どの時期に子宮外妊娠を判定することが可能であるかを知るべきである。違反の最初の兆候は、妊娠の最初の月の終わりに現れます。この時に下腹部に痛みがあり、分かりにくい膣分泌物がある場合は、妊娠を見ている婦人科医に目を向ける必要があります。

最初に子宮外妊娠を判断する方法について話すと、医師は超音波検査を行います。すでに妊娠4,5-5週間で、医師はこの病状(膣超音波による)を診断することができます。前腹壁を通して小さな骨盤を検査する場合、異所性妊娠は妊娠6〜7週にのみ確立することができます。この時間まで、病理を検出することはできません。

婦人科医が子宮外妊娠を判断することはできますか?

病理学的過程を推定するためには、医師は婦人科検査を受けることができる。主な特徴は、子宮のサイズと妊娠予定期間との間に相違があることです。この場合、医師は、異所性妊娠、その診断が複雑であるべきこと、および婦人科椅子の女性を検査する場合のような違反を決定することができる:

  • 子宮頸部の膣の顕性チアノーゼ;
  • 首を平らにして軟化させる。
  • 後窩の突起;
  • 後頭部の触診を伴う鋭い痛みおよび子宮頸部の前方への移動を試みる;
  • 子宮はわずかに拡大され、可動性である。

HCGの子宮外妊娠を判定することはできますか?

この妊娠の合併症では、異所性妊娠として、hCGは最初は正常な濃度である。このため、妊娠検査は陽性です。病態を定義することは、動的観察を用いて血液中のホルモンのレベルを調べることによってのみ可能である。医師は、間隔を置いていくつかのテストを連続して行います。適切な増殖の結果を評価する場合、hCGの濃度は観察されないが、規定された基準の後ろにある程度の遅れがある。

超音波で子宮外妊娠を判断することは可能ですか?

子宮外妊娠などの病理では、超音波検査が主な検査方法です。それは、障害を特定するだけでなく、胎児の卵の位置を決定し、違反の種類を確立するのに役立ちます。胚がどこにあるかに応じて、医師はモニター上で以下の構造の変形を記録します:

  • 子宮内および卵巣 - 付属器内;
  • 子宮頸管では、子宮頸管は球根状の外観を呈する。
  • 腹部では - 腫瘍に似た器官の突出。

腹腔の異所性妊娠

自宅で子宮外妊娠を確認する方法は?

助産師は独立して子宮外妊娠をどのように判断するかについて話すと、そのような違反を診断する複雑さを示しています。しばしば、妊婦は何も疑いはなく、後期に合併症が明らかになる - 卵管の破裂、出血。病理を明らかにするために、埋め込みプロセスの失敗を排除するために、女性は12週までの期間、必須の超音波検査を受けなければならない。

子宮外妊娠 - 退院

子宮内発育の早期段階で子宮外妊娠を判定する方法を指摘すると、膣からの病理学的排出に注目する価値がある。彼らは関与していない、彼らは濁っている文字を持っています。したがって、血液の陰影は、女性を守るべき月経とはしばしば異なります。しばしば、このプロセスは下腹部の痛みを伴い、発作性の特徴を獲得する。時間とともに、血液の量が増加し、子宮出血の発症を示し得る。

子宮外妊娠 - どこが痛いですか?

妊娠プロセスのこの複雑で、そのような異所性妊娠のように、最初に痛みが存在しなくてもよいです。その外観は、それが移植された変形体、(管、卵巣、腹膜)で得られた、胚の成長によるものです。だから、引っ張って痛みは、多くの場合、肛門、ウエスト、ヒップの内側表面に放射します。痛みを出血することは耐え難いになると、時には女性が意識を失いました。嘔吐を開発、血圧が低下しました。肌が青白いです。必要に緊急入院。

検査は子宮外妊娠を判定しますか?

現在の子宮外妊娠をどのように判断するかを女性に示唆する病理学的判断方法について述べると、医師は明示的診断ツールの非効率性を指摘している。まず、彼らの行動はホルモンhCGのレベルを決定することに基づいていると言うことが必要です。この化合物は、胚が子宮の外側に位置する場合に合成される。このことから、ホルモンの濃度が急激に低下したとき(陽性の陰性結果が示された後)に、妊娠試験が異所性妊娠を決定すると結論付けることができる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

6 + 1 =