Posted on

授乳中のお母さんの体温を下げるよりも

母乳育児の時期は母親の健康状態に対する非常に慎重な態度で表されます。しかし、物事がいつもスムーズに進むとは限らず、その理由は全く状況に不注意ではありません。

このような状況が発生したために、授乳中の母親の体温が上昇することがあります。

  • 急性呼吸器疾患;
  • 乳房静止または乳房炎の発症;
  • 他の炎症過程または感染の存在;
  • 食中毒、化学中毒など

授乳中の母親の体温を上げると、乳房から乳児を離乳させる必要はありません。現代の母乳育児カウンセラーや医師は、その継続的な継続を主張する。結局のところ、乳がんだけで、赤ちゃんは彼が病気と戦うのを助けるすべての抗体を手に入れます。授乳中の温度は、あなたも母乳投げる場合は、あなたの赤ちゃんで風邪やインフルエンザの伝播のリスクは大幅に成長してきました。

授乳中の母親の体温を測定する方法は?

母体の体温のパラメータを決定する重要な役割は、それらを得る方法です。牛乳の潮が腋窩部の自然な増加を引き起こすことを考慮すると、それを測定することは不正確な情報を取得する方法です。授乳40日前まで、医者は肘の屈曲点で温度を測定するようアドバイスします。授乳中の母親の正常な体温は、36.5℃から37.2℃の範囲である。これらのデータは日中変動し、異なる可能性があります。

温度の授乳中のママより低い?

あなたはその発生の正確な原因を判断する必要があります授乳時の処理温度を始める前に、看護専用に設計された製品を、あなたとあなたの子供のための「リスク・ベネフィット」の割合を評価し、選択します。短期的には、任意の負の影響のない状態で授乳中の温度を撃墜するには、イブプロフェンまたはパラセタモールを含有する組成物中にろうそくを助けます。彼らは母乳に浸透しませんが、その効果は錠剤よりもはるかに弱いです。温度に給餌は非常に頻繁に優しくかつ無害にいくつかの余分度を排除する特別な子供の発熱を、規定しています。酢の弱い溶液でクールな圧縮やワイプを忘れることもありません。弱った生物を中毒につながることができ、この - 消毒用アルコールまたはチンキ剤を含むに頼る必要はありません。どのように、どのような母をreproachingの温度をダウンさせる方法については、まだ積極的に病気の開始を倒す手助けするための保護ホルモン、インターフェロンを分泌し始める、本体自体の世話をすることができます。

気温の下で何を飲むのですか?

豊富で頻繁な飲酒は温度を下げる最も安全な方法の1つです。あなたは、様々なジュース、ドライフルーツ、キセル、フルーツドリンクのコンポートを飲む必要があります。レモン、蜂蜜、ラズベリー、カリーノビィジャム入りの牛乳でお茶を使用するのを怠ってはいけません。これらの成分への赤ちゃんのアレルギー反応の可能性を排除してください。

授乳中の体温をノックオフする

あなた自身のためだけでなく、あなたの胸の近くに身を寄せている小さな生き物の責任も負うことを覚えておいてください。したがって、泌乳中に熱病薬を処方することができるのは、親族や自分自身ではなく、有能な医師だけです。それは、授乳期間の特徴、母親と子供の状態の個々の指標、およびその発生の原因に依存して、温度によって泌乳する可能性があると決定するのは彼である。

授乳中の母親の体温を下げるために、家族がお休みになり、リラックスする機会を与えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 65 = 70