Posted on

しゃっくり

赤ちゃんの最初の鼓動は、妊娠全体で最も待ち望まれ、思い出深い瞬間です。誰かが15週目でも気分が悪くなるかもしれないし、22時にはこれがそうであると完全には分からない人もいます。これは、実際には赤ちゃんが非常に早い時期に動くようになるため、女性の感受性の閾値が異なることによって説明されます。

一般的に、動きの開始範囲は16週から22週までで、24週の終わりまでに各母親は自分の子供がいつ活動しているかを明確に理解しています。時には将来の母親の動きの強さと性質さえ、彼らの乳児を理解することを学ぶ。第三期の初めに近づくにつれて、妊娠中の女性は第一に理解できない現象に直面する。クラムがリズミカルな動きをする - これは胎児のしゃっくりと呼ばれます。

妊娠中の胎児のしゃっくり

妊娠中の胎児のしゃっくりは頻繁に起こります。婦人科医は、胎児のしゃっくりを引き起こした原因については依然として意見が異なります。基本的に、胎児のしゃっくりの原因は2つあります。

  • より楽観的な視点 - 赤ちゃんは横隔膜の周期的な収縮を引き起こす羊水を嚥下します。
  • 悲観派はこの現象を低酸素と関連付けている。

しゃっくりは自然な過程です

だから、胎児のしゃっくりの最初の原因を考えてみましょう。しゃっくりが現れる時、子宮の子宮はすでに十分に形成されています。

何人かの専門家は、しゃっくりは中枢神経系の正常な発達の徴候であると主張している。
一般的に、妊娠中の胎児のしくみは羊水の摂取に関連しているという意見がある。水が肺に入ると、子供が指を吸って息を吸うようになり、それによって横隔膜の刺激を引き起こす。

そのようなプロセスは、子供のために、したがって、母親の質問に、なぜ胎児のしゃっくり、医者は非常に落ち着いて反応する無害です。もう一つの質問は、妊娠中に胎児のしゃっくりを克服する女性の感覚が痛いということです。将来の母親がこのプロセスに影響を与えることはできないので、何もすることはできません。イッカットの赤ちゃんは、1日数回、約15分間です。

なぜ胎児はしばしばしゃっくりですか?

果実のしゃっくりがしばしば起こるならば、それでも注意を払う価値がある。結局のところ、胎児のしゃっくりが低酸素症の徴候の一つかもしれないことを忘れないでください。後者の場合、胎児がしばしば腹部にしゃっくりするという事実に加えて、運動活動の変化が注目される。これは動きの急激な減少か、逆に、赤ちゃんがあまりにも積極的に行動することです。

すべてが赤ちゃんに良いものであることを確認するために、医師は心臓撮影(CTG)またはドプラロメトリーによる超音波を処方する。 CTGの助けを借りて、胎児の状態をより正確に判定することができます。この手順は、心拍数に対する運動活動の比率を分析する。

ドプラロメトリーによる超音波は、臍帯および胎盤における血流の速度を示す - これらのデータによれば、子供が十分な酸素および栄養分を受けるかどうかが決定される。胎児の子宮内発作のすべての問題が低酸素症の兆候であった場合、慌てないでください。これはすべて解決可能です。 子宮内の胎児のしゃっくり医師は必要な薬を処方し、必要な検査を行うでしょう。

結果をまとめましょう

妊娠中の女性にとっては、何が問題なのかを理解する方法の問題は、基本的に、それに値するものではありません。これらは独特のリズミカルな動きで、何かと混同するのは難しい。しゃっくりの攻撃があまり頻繁に繰り返されず、運動活動に変化がなければ、子宮内発達の自然な過程のような現象を静かに治療することができます。

フルーツのしゃっくりがしばしばある場合は、何かをする必要があります。まず、追加の検査のために医師に相談してください。タイムリーな医療援助は、健康な赤ちゃんを産むために非常に短時間であなたを助けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 14 = 16