Posted on

赤ちゃんの顔に吹き出物

通常、顔または鼻の生命の最初の3ヶ月の赤ちゃんは発疹、主な原因炎症ではなく、赤ちゃんのホルモンの背景の違反が表示される可能性があります。それは、新生児の血流に入るエストロゲンである母ホルモンの血液中への大量放出に関連している。通常、それは赤ちゃんの顔に小さな吹き出物です、そして時には彼らは皮膚の上に表示されませんが、タッチだけで決定されます。しかし、赤ちゃんには発疹や非ホルモン性があります。

赤ちゃんの顔ににきび - 種類、原因

  1. 乳児にはしばしば白いニキビのような発疹があります。彼らは炎症がなく、彼らの中心に白い内容です。そのような座瘡の局在化の位置 - 額、顎、鼻の翼。ミリアスと呼ばれるこれらの発疹の出現は、赤ちゃんの皮脂腺の未熟さと関連しています。原則として、ムール貝自体は2-3ヶ月後に消滅します。
  2. 寒い季節に屋外で歩いても小さな赤い吹き出物が出ることがあります。それらの形成は、新しい環境条件に対する適応皮膚反応である。
  3. 赤ちゃんの他の赤ちゃんは、温度の変化に関連しています - 過熱、過度の水分または貧しい子供の世話の場合に皮膚のひだに現れる発汗。
  4. また、ケアが不十分であれば、赤ちゃんの頭の上の膿疱が現れることがあります。乾いた黄色の痂皮で覆われています - 片麻痺です。
  5. 補給食品や授乳中の母親の栄養失調があると、爪の炎症に似た体のアレルギー性ざ瘡や頬の発疹や発疹が現れることがあります。アレルギー性発疹は肌のかゆみを伴い、アレルゲン製品を食べるだけでなく、ベビーケア製品、洗剤、羽毛または羊毛を枕や毛布用のフィラーで反応させることもできます。

子供の発疹を伴う感染症

幼児期の感染症の感染。子供の生後1年目に皮膚に発疹が伴うことがあります。これらの病気には、鼻熱が含まれ、明るい赤い斑点が四肢の屈曲表面上に現れ、鼻熱三角を除いて身体および顔面にあまり出現しない。体温が上昇し、手のひらや足の鱗屑、咽頭粘膜が赤くなる、舌の色が濃くなる。

発疹の幼児期感染症は麻疹です。麻疹の特徴は、身体の特定の部位の日々に徐々に出現します。

  • 最初の日に - 顔と首;
  • 第二の - 胴と肩;
  • 三番目 - 四肢。

紅斑は最初は赤く、次に濃くて鱗状になり、発疹は体温の上昇、光恐怖症、上気道の炎症のカタラーレス症状を伴う。

水痘はまた、頭皮を含む吹き出物の出現を引き起こす。最初に赤い斑点が現れ、時には透明な液体が内部にあり、膿や痂皮に置き換えられます。分裂は、特に子供が大きな発疹を摘んで濡らした場合、体温の上昇を伴って、複数の、個々の、可能なポッドパニヤであり得る。熱に加えて、気道および消化管からの炎症の症状が可能である。

非常に危険な症状は、髄膜炎を伴う発疹の出現であり、 赤ちゃんの顔に吹き出物最初は小さな赤いざわめきのように見えます - 体に出現する出血性噴火、特にしばしば臀部に現れます。しかし、彼らは体のどの部分にあってもよく、その数は急速に増加し、互いに合体します。このような発疹は、血液中に病原体が存在する兆候であり、髄膜の炎症、高温、および子供の一般的な重度の症状を伴う可能性がある。

赤ちゃんのすべての吹き出物の存在下で、特に彼の全体的な健康状態が悪化した場合は、小児科医に相談し、自己投薬を行わない方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

84 + = 94