Posted on

3ヶ月の小児における低ヘモグロビンヘモグロビンは体組織に酸素を供給するタンパク質です。これは、医師が分析結果のこのパラメータに注意しているので、重要な機能です。通常の値は多くの条件によって異なります。年齢 - このパラメーターに影響する要因のdyn。若い母親は、赤ちゃんの血液中のこの指標には独自の特徴があることを知るべきです。

3ヶ月の小児における低ヘモグロビンの原因

このタンパク質のレベルは新生児で最も高く、145-225g / lです。しかし、彼は一週間以内に落ち始める。

赤ちゃんの体内の妊娠中でさえ、胎児と呼ばれるヘモグロビンが産生されます。組成上、成人のタンパク質とは異なる。徐々に胎児のヘモグロビンが終わり、標準化されて搾り取られます。このような再編は、人生のクラムの最初の年を通して続けられます。赤ちゃんが約2-3ヶ月齢のとき、ヘモグロビンが落ちます。この期間中、乳児はいわゆる生理的貧血に遭遇する。それは健康上の脅威にはならない。しかし、この期間中にテストが悪い結果を示すことがあります。 3ヶ月の小児におけるヘモグロビンの基準は95〜135g / lである。同じ値は、上半期の終わりまで残っています。

このタンパク質の欠如は、鉄欠乏性貧血を示す。この状態では、身体への酸素の供給が損なわれ、赤ちゃんの発育が阻害される。

なぜ3ヶ月齢の子供がヘモグロビンが低いのか、次の要因が説明できます:

  • 早産。
  • 複数の妊娠;
  • 感染症;
  • 妊娠中の貧血、胎児低酸素、中毒;
  • 遺伝性疾患。

低ヘモグロビンの症状

クラムの外観と行動における貧血の徴候を判定することは、必ずしも可能ではない。この状態では、赤ちゃんは薄い肌になり、食欲が減ります。医師は心臓の収縮期雑音をマークすることができます。最も頻繁には、ヘモグロビンが標準限界以下であること、血液検査の結果から学ぶことが多い。

クラムが重度の貧血であれば、それはチアノーゼの皮膚を有することがあり、吸う間に呼吸困難が現れる。

3ヶ月で赤ちゃんのヘモグロビンを上げる方法は?

貧血の治療は、小児科医によって推奨されるべきである。彼は鉄を含む薬剤の摂取を助言することができます。通常、そのような小さな子供たちは処方された投薬薬です。それは、Aktiferrin、Hemoferであり得る。これらの薬は、独自の受信特性、副作用を持っています。したがって、彼らは医師の推薦の後にのみ与える必要があります。

治療中に赤ちゃんの椅子がより液体になり、色が黒に変わることは覚えておく価値があります。これらのすべての変化は、投薬摂取全体を通して持続し、両親に邪魔してはならない。

ヘモグロビンが標準に達した後でさえ、治療は継続する。薬の服用を中止するときは、医師は言うでしょう。

子供が3ヶ月でヘモグロビンを低下させた場合、授乳中の母親は食事を調整する必要があります。女性はバランスの取れた食事が必要です。彼女は毎日魚や肉料理、そば粥、リンゴ、ザクロジュースを食べるべきです。

3ヶ月齢の子供のヘモグロビン若い母親も彼女の生活様式に注意を払うべきです。彼女は完全な休息と睡眠が必要です。ストレスや紛争状況を最小限に抑えることが必要です。中程度の身体活動だけでなく、大気中を歩くことも有用です。

人工授乳中の乳児に3ヶ月の低ヘモグロビンが認められた場合、両親は授乳用に特別な混合物を購入する必要があります。

1ヶ月後にもう一度分析を行う必要があります。改善のための変化がなければ、小児科医は血液学者に指示を与えることができる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

37 + = 44