Posted on

それが必要なもののためのナイフsantoku

それほど前に、調理器具の市場は劇的に変化しました。以前はプロの機器、特殊機器、機器がシェフやレストランオーナーにしか利用できなかった場合、今日は簡単に何かを購入することができます。しかし、これにはいくつかの不合理があります。購入するのは問題ではありませんが、これを全く別の問題として活用することは賢明です。たとえば、あなたと私たちは最近、おしゃれなナイフsantokuを買ってきましたが、なぜそれが必要なのかをあなたは確かに知っていますか?

日本のナイフサントク

私たちは皆、それがしばしば長い肝臓の範疇に入る東洋人であることを知っています。一回以上は、人生と栄養、あるいはむしろ食事の方法に多くの潜伏期があると言われました。そのため、キッチンツールも現在のところに行き、製品の点では正確に変更されています。

お米と野菜の日本人の食生活の基盤、および日本のナイフ三徳は、フランスの彫刻ナイフと関係を持っているので、結果は良好でした。ナイフは容易切断、崩壊及びnarubkoy製品を取り扱います。翻訳の名前そのものでさえ、「3つの良いもの」を意味します。 3通りの方法で食品を粉砕する能力を:これは、あなたが得るものです。

ナイフは野菜、肉、魚に対処します。そして、多くは彼の手の中に違和感を言う:彼女はそれらを振るうする方法を正確に知っているかのように、すべてのその重量とナイフの嵩高で、手に非常に便利です。

サントクやシェフのナイフ?

この質問に答えるには、最初にsantokuのナイフが使用されていることを理解する必要があります。その独特の特徴は、かなり広いブレードと非常に小さなハンドルの珍しい組み合わせです。また、ナイフは重量の観点からも考慮されることに注意してください。重心はポイントの端に向かって移動します。これにより、ナイフをもっと速く操作できるようになります。料理人は材料を切るかチョップするためにはるかに少ない努力を適用する必要があります。 2番目のクラウニング機能は片面シャープニングです。最近、伝統的な両面鮮鋭化を備えたモデルがありましたが、

その結果、ナイフサントクが使用されている主なものは、製品を大量にすばやくスライスしたり破ったりしています。明らかな理由から、質問自体は現れますが、定期的なシェフのナイフを取るほうが簡単ではありません。

サントークナイフを適用する上での主な点は、その多様性です。実際、すべてのナイフが3種類の製品にすぐに対処できるわけではありません。このナイフと料理人の違いはいくつかあります。まず、はるかに短く(シェフの長さは330mmです)、その刃はわずか188mmです。また、サントクははるかに幅広く、特徴的な急な刃先の上昇があります。その結果、私たちはより大きな重みを持っています。これは、美徳と不利益の両方を考えることができます。

サントクにナイフを割り当てる

私たちはサントクのナイフが必要なので、わかりましたが、普通の主婦が必要ですか?結局のところ、これは現代市場のパラドックスです。キッチン・ノベルティを買うことはできますが、その結果、単にワードローブを飾るだけです。

ここには反対意見があります。それは原則としてそのようなノベルティに対するあなたの態度にかかっています。一方で、ナイフは、薄くスライスした茹でたチキンのフィレと、ジャガイモのスプーンを切ることの両方に対処します。非常に頻繁にナイフは、緑を本当に細かく切り、魚のフィレを切り刻み、さらにはそれ以上にするのに役立ちます。 Santokもこの問題のマスターです。

これは、あなたの買収の主な利点です:ナイフは本当に普遍的ですが、普通の主婦でさえ、料理コースなしでそれを習得することができます。はい、寸法はかなりコンパクトですので、残りの部分と一緒にナイフをキッチンボックスに保管することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 1 = 4