Posted on

ネブライザー - 使用方法、ネブライザーとはどのように見えるのですか?

この新しいデバイスの使い方は、噴霧器とは何ですか?これらは、小児科医やセラピストが呼吸器系の病気に使用することを強くお勧めする人々に関心のある質問です。これは吸入用に設計されており、他の治療方法に比べて多くの利点があります。

ネブライザとは何ですか?それはどのように見えますか?

革新的な噴霧器は吸入器のサブタイプであり、呼吸器の最も遠隔の部分に到達することができる最小の液滴に薬剤を分配する。エアロゾルは、呼吸器系、感染性、慢性疾患の予防および治療のために設計されています。ネブライザー - 使用可能な場合:

  • ARI(咽頭炎、鼻炎、喉頭気管炎);
  • 扁桃炎、副鼻腔炎;
  • 気管支炎;
  • 気管支喘息で;
  • 呼吸器系の真菌感染症である。

このデバイスを使用すると、呼吸器系の特定のゾーン(上部、下部、中央)に影響を与えることは容易です。そこに作用物質の密度が増加し、最小の副作用で顕著な治療効果を得ることが可能になる。風邪が頻繁に起こっている子供がいる家族では、気管支肺疾患が長期間続く患者さんが住んでいるため、このような吸血器が必要です。

ネブライザとはどういうものなのですか?

ネブライザーはどのように機能しますか?

現代のネブライザーは、貯蔵所のように見え、チャンバー内では、薬学的組成物は、粒径0.5〜10μmの分散液に変換される。彼らは呼吸システムの低記録と炎症の領域を均一にカバーし、腫れや痛みを和らげます。溶液は、高圧、超音波、または微小孔を有するディフューザーを通って「ふるい分け」によって空気を通すことによって、かぶりに変換される。マニピュレーションは、チューブと便利なノズル(鼻と口の上のマスク)を通して液滴を吸入することによって実行されます。

家庭用の噴霧器の選択方法を決めるときは、パスポートに記載されているエアロゾルの粒子のサイズに焦点を当てる必要があります。

  1. 10μm以上の粒子は鼻咽頭に沈降する。
  2. 5-10ミクロン - 喉頭、気管、口腔咽頭。
  3. 下気道では2〜5μmである。
  4. 1〜2ミクロン未満の肺胞である。

上部呼吸器官の病理を有する患者の治療のために、吸入器は気管支および肺の2〜3ミクロンの治癒を伴って5〜10ミクロンの粒子を放出すべきである。ネブライザーが異なるモード(そのようなモデルもあります)で機能することができれば、鼻、喉頭、気管支および肺のすべての呼吸器官を生産的に治療し、コントロールパネル上で所望のプログラムを設定することができる。

どのように正しくネブライザーを使用するには?

ネブライザーが家に現れた場合、それを正しく使用する方法は、所有者から生じる最初の質問です。このデバイスは使いやすく、操作を簡単にマスターできます。吸入器を正しく行う方法ネブライザー:

  1. 取り扱う前に、石鹸と水で手を洗ってください。
  2. 指示に従ってデバイスのすべての詳細を収集します。
  3. 吸入器のカップに、室温の薬品に温めた所望の量を注ぎます。
  4. カメラを閉じて顔のマスクを取り付けます。
  5. タンクと圧縮機をホースで接続します。
  6. サスペンションが完全に消耗するまで、ユニットのスイッチを入れ、蒸気を7〜10分間吸い込みます。
  7. 操作は、食後1.5~2時間行う。
  8. 吸入および呼気は、上肢の病気に鼻を生じさせる。
  9. 喉頭、気管、肺または気管支が病気である場合、深呼吸の吸入の後、息が数秒間遅れて鼻から吐き出される。
  10. コンプレッサーのスイッチを切り、吸入器を切り離して分解してください。
  11. 乾燥した装置をきれいなタオルで包みます。

どのくらいの頻度でネブライザーを吸うことができますか?

ネブライザーで適切に呼吸する方法の問題を研究した後、それを使用できる頻度を知ることが重要です。最も実践されている吸入スキームは1日2回です。ある種の薬剤、例えば、ミラミスチンまたはツッサムグは、1日3回使用される。生理食塩水が処置のために処方されている場合、Borjomi、頻度は4倍まで増加することができる。吸入の経過は、使用される薬物に応じて医師によって処方され、5〜15日に制限される。例えば、灰の吸入は5日間に制限され、ミネラル化合物による処置は、その症状が止まるまで、長い間行われる。

ネブライザーで吸入する頻度

ある温度でネブライザーを使用することはできますか?

ある温度でネブライザーを使用することができるかどうかという疑問について、医師は肯定的な答えを出します。適応症のある状態での吸入は、発熱により起こることが認められている。処置の後、室温の微細に分散した混合物が形成され、その主な機能は呼吸器系の灌流である。禁止は既知の蒸気吸入に関連し、熱を強める。

副鼻腔炎にネブライザーを使用することはできますか?

副鼻腔炎のためにネブライザーを用いて吸入を行うことは、その疾患の症状の発現の最初の日から始めることができる。治療のための中断は医師によって任命され、彼らの選択は病気の段階によるものです。副鼻腔炎のネブライザーで吸入する方法:

  1. 最初に彼らは血管収縮剤組成物を呼吸する - 15-20分。
  2. 次に、抗生物質、抗炎症薬を吸入する。
  3. このアプローチは、医薬品の生産性を向上させます。
  4. 副鼻腔炎の吸入は7〜10日間処方される。

子供は何歳で噴霧器を使用できますか?

噴霧器を呼吸する前に、小児科医が人生の初めから文字通り子供にそのような吸入器を使用できるようにする必要があることを知る必要があります。装置は、幼児の風邪の治療に安全かつ有効である。赤ちゃんの場合、個々のネブライザーを購入する方法、使用方法、マニュアルを読む必要があります.1年未満の子供には、マウスピース、鼻の先端、小さな顔マスクなどの便利なノズルが用意されています。エアロゾルのデザインは子供たちを喜ばせ、癒しのプロセスをゲームに変える機械や動物の玩具の形で作られています。

何歳から子供がネブライザーを使用できるか

ネブライザーにはどのような薬が使われていますか?

吸入するための薬を処方し、それを適用する方法を説明し、担当医師が要求する。治療には関連性があります:

  1. 粘液溶解薬(喀痰の喀出と稀釈を強化するため) - ラゾルバン、アンブロキサン、アンブロベン、フルミシル。
  2. 気管支拡張薬(気管支拡張) - ベロディアル、ベロテック、ベントリン、サラモン。
  3. グルココルチコイド(抗浮腫性および抗炎症性特性を有するホルモン療法) - pulmicort。
  4. クロモニー(抗アレルギー薬) - クロモグクサル。
  5. 抗生物質 - フルミニチル、トブラマイシン、ドキシジン、フラシリン。
  6. 塩とアルカリ化合物 - 生理食塩水、ミネラルウォーターBorjomi。
  7. ネブライザーでエッセンシャルオイルを使用することが可能かどうかという疑問は、答えは禁止されています。これらは装置の腐敗につながります。

ネブライザーをきれいにするには?

デバイスの長時間の使用を保証するには、デバイスを定期的にクリーニングする必要があります。これらの操作は、吸入後に行う必要があります。

  1. デバイスをコンプレッサチューブとユニットに接続する3つの部品、つまりマスクに分解します。
  2. マスク、チューブ、マウスピース、マウスピースを暖かい石けん水に10〜15分間浸してください。
  3. 洗練された細かい洗濯(5分)水で流しながら、きれいなタオルで30分乾燥させます。
  4. ネブライザーを組み立てる前に、すべての部品をよく乾燥させる必要があります。ユニット自体がぼかしで拭き取られますが、湿らせることはできません。
  5. 初期状態で吸入器を採取する。

ネブライザーの消毒方法は?

吸入器の徹底的な消毒を1週間に1回行い、微生物の増殖を停止させる。ネブライザーの消毒方法:

  1. すべてのT字型コネクタを取り外して、デバイスを分解してください。
  2. 次のいずれかの方法で汚染除去を実施します。
    • 詳細をボウルで5分間沸騰させる。
    • 幼児用ボトルには熱消毒剤を使用できます。作業時間は6分です。
    • 細部を殺菌剤(0.5酢および水1.5リットル)で20分間注ぎ、
  3. きれいな水ですべての部分をすすぎ、乾燥させ、吸入器を集める。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

23 − = 17