Posted on

ボルドー混合調理

田舎には、栽培者の収穫が増えないように、害虫や植物病害が常に存在します。したがって、春と夏には、ほとんどすべての植物の病気と戦うために、ボルドー混合物を噴霧する。

現在、専門店では、予めパッケージングされた消石灰と硫酸銅を適切な割合で含むボルドー混合物を販売しています。しかし、あなたは完全にそれを自分で準備することができます、そして、私たちはあなたにそれを行う方法を教えます。

ボルドー混合物の自己調製

植物成長の異なる時期の園芸家は、異なる濃度のボルドー混合物を使用する。

1%濃度の調製のためには、

  • 100gの硫酸銅;
  • 100-150gの石灰;
  • 10リットルの水。

3%濃度:

  • 300gの硫酸銅;
  • 石灰400g;
  • 10リットルの水。

0.5-0.75%濃度:

  • 50-75gの硫酸銅;
  • 石灰75~100g;
  • 10リットルの水。

既製または自己混合のボルドー混合物を溶かす方法は?

混合プロセスは同じです:

  • 非金属皿に1リットルの熱水に溶解した硫酸銅;
  • ビトリオールの完全溶解後、さらに5リットルの水を加える。
  • 2番目のタンクで、5リットルの水に石灰を溶解する。
  • 硫酸銅の溶液を薄い流れを石灰溶液に注ぐ(注入順序は変えられない)。
  • 使用前にろ過する。

正しく調製された混合物は明るい青色である。ボルドー混合物を使用する直前に準備する。

ボルドー混合物の適用

ボルドー混合物が使用される:

3%濃度で:

  • 春から早い時期に、芽の出芽前または芽出芽中に果実の木を散布するため、
  • べと病(うどんこ病)からのブドウ;
  • カラント、グースベリー、ラズベリー、イチゴ、様々な場所からの観賞用の低木;
  • 根の腐敗、雪の形からの冬のシリアル。

1%濃度で

  • 疥癬、斑状虫及び白斑症に対する発育期のマルメロ、リンゴ及びナシの散布;
  • アプリコット、プラム、チェリー、モモ、サクランボ - カレー、コクイカ症、白斑、灰色の腐敗から;
  • ブドウ - カビに対して;
  • ガチョウとカトラント - 錆、敗血症、炭疽病から;
  • ジャガイモ - フィトフトラ(ジャガイモ菌)に対する。

0.5〜0.75%の濃度で

  • 野菜作物(キュウリ、トマト、レモンなど)や観賞植物の散布に適しています。

1つの中程度の樹木は、ジャガイモ、トマト、その他の植物のために10〜16リットルの液体を必要とし、100m2の植え付けには5〜10リットルが必要です。

果樹の散布は、芽形成時に行われ、花びらが落下した後、果実がヘーゼルナッツのようになると繰り返されます。

ブドウ園、ジャガイモ、その他の植物(ギンフラワー、トマト)の噴霧は、病気の最初の出現時に開始され、病気が完全に消えるまで10〜15日後に繰り返されるべきである。収穫の2〜3週間前にフルーツ作物の散布を止めることは必須です。

ボルドーの混合物を作り、使用する前に、それは動物や人間にとって有毒なので、必要な予防措置を習得する必要があります。

  • 作業中は、皮膚、目および鼻咽頭に個人用保護具を使用する。
  • 食べる前に、フルーツをよく洗ってください。
  • ボルドー混合物の使い方

  • 残留液体は地面に埋もれていなければならず、井戸から離れていなければならない。
  • 散布された植物は家畜飼料には使用されません。
  • 混合物の調製中に使用される皿はもはや調理に適していない。
  • それを使用した後、石鹸と水で顔や手を完全に洗う必要があります。

ボルドー混合物を調製するプロセスはあまり簡単ではありませんが、庭師は新しい殺菌剤の使用を中止するのが遅いですが、長年にわたって使用しており、肯定的な結果を得ているからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

42 − = 39