Posted on

猫用デキサメタゾン

誰もが知っていることは、多くの場合、人間の医薬品は動物でうまく働いていること、そしてvetapteksで購入された軟膏は、美しく包まれた海外の医薬品よりも多くの人々を助けることが多いことです。このツールの線量と組成を知るだけでいいです。こことデキサメタゾンはネコにその応用が見出されています。それはグルココルチコイド、ステロイドホルモンを指すように思われるが、彼らは馬、牛、犬および他の家畜に対して非常に効果的に働く。

猫用デキサメタゾン - 使用の兆候

この薬の獣医は、以下の危険な場合に使用されます - 浮腫性疾患、アレルギー、ショック状態、関節炎、滑液包炎、中毒、重度のストレスがあるとき。

猫用デキサメタゾン

ショックが通常は、ペットの体重1kgあたり1-1.5mlのショックを与える。猫のような小動物の場合、この薬物の0.1mlから1mlの筋肉内で十分です。医師が感染症に対処している場合、この物質は抗生物質と組み合わせて使用​​されます。薬局では、眼の懸濁液、丸剤、デキサメタゾン注射剤を販売しています。最後の選択肢は猫にとって最も適切です。

ネコのデキサメタゾンは、他の変異体が適切でない場合には優れた治療法ですが、即時治療が必要です。特に、ショック状態、アレルギーおよび浮腫に関係する。妊娠中、赤ちゃんの授乳中、可能な予防接種の前、または直後に使用することは望ましくない。経験豊富な獣医師が必要とするこのツールを紹介してください。高齢者は高血圧、腎不全に苦しんでいることが多く、コルチコステロイドが脳卒中や別の反応を引き起こす可能性があります。禁忌がなければ、注射をすることができます。通常、国内猫の治療期間は7-8日です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 1 = 6