Posted on

芽を出す前に春にブドウを振りかけるよりも

むしろ面倒なブドウの世話、それは一定の知識とスキルが必要です。春先にブドウの処理は、病気の予防や昆虫の有害な影響のために必要であり、それはブドウ園のカビの汚染を避けるために、強力な保湿後に特に重要です。

春と疫病からぶどうぶどうを吹き付けるとき?

芽が出る前にブドウを育て始め、茎に水が流れ始めることが重要です。まず第一に、それは切断され、結ばれる必要があります。カットされたすべての苗条は、敷地内や屋外で燃やす機会に取り除かなければなりません。残りのブドウは、トレリス上に縛られなければならない。

繋ぎ目は乾燥した天候下で行うのが最善です。これらの準備作業の後でさえ、ブドウ園への噴霧を開始することが可能です。また、ブドウ自体だけでなく、周囲の土壌も処理する必要があります。

スプレーによるブドウ加工

ほとんどの場合、ブドウ園は病気の影響を受けます。これは過湿症によるものです。それは葉の裏側に白いコーティングとして現れ、錆びた斑点で覆われて乾燥します。

このようなシナリオの発生を防ぐためには、芽が開花する前のぶどうぶどうと葉の出現を知る必要があります。 1つの選択肢は、3%ボルドー流体溶液を使用することである。それを作るには、最終製品を水に溶かすか、または自分で準備する必要があります。

溶液を得るために、300gの硫酸銅と300gの水和石灰を取り、10リットルの水に溶かすことができます。この場合、最初に石灰を水に注ぎ、その後に硫酸銅を注ぐ必要があります。そうしないと、溶液は酸っぱい乳のように凝縮します。

このソリューションは非常に有毒であることが判明しているため、大きな予防措置を講じて使用する必要があります。スプレーは風のない天候下でのみ行う必要があります。さらに、若い芽にはボルドー液がややうつ伏せに作用し、発達の妨げになることを覚悟してください。

芽が咲く前に春にぶどうを撒く以外の選択肢があります。例えば、最近、リドミル(Ridomil)という薬を使用し始めました。彼らに噴霧や土壌が必要です。この薬剤は、うどんこ病の予防および管理において非常によく証明されている。

リドミルのもう1つの利点は、ボルドー液体の場合のように、雨が降るたびに散布する必要がないことです。雨季でも2週間有効です。同時に、その毒性は数倍低い。

真菌病と寄生虫(クモダニなど) - Tiovit、Topaz、Strobiに同時に作用する多くの薬剤があります。

硫酸銅でぶどうぶどうを撒く時期は?

硫酸銅の3%溶液をスプレーすると、春の霜からブタの芽が保護されます。腎臓はすでに腫れていますが、まだ開花していない春の初めにこれを行います。

天気が暖かく、春には乾燥している場合、原則として、この早期治療はスキップすることができます。第2の処理は、天候にかかわらずブドウの開花前に行われる。それは予備と呼ばれ、花序がまだ若い葉で覆われていない時、つまり、 バネに害虫からぶどうを吹き付けると液体は将来のブドウのすべての枝と茎に乗ることはできません。

もう一つは、開花の終わりに硫酸銅を用いたブドウの3回目の処理です。すべてが天候に依存するので、それは最後ではありません。雨が降ったら、葉が新しく生育するたびにブドウを散布してください。乾燥した天候では、これをあまり頻繁に行うことはできません。硫酸銅の必須と秋の処理は、ブドウが春まで真菌の病気を攻撃しないように。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

88 − 82 =