Posted on

人事マネージャーの責任

人生は変わり、時代は変化し、人々や職業も変わります。時が経つにつれて、社会には新たな要求があり、これには間違いなく一定の変化が伴います。最近では、現代の人材マネージャー、私たちは人事部長、または単に人事責任者と呼ばれました。しかし、今人事のマネージャーの役​​割はほとんど変化し、仕事の本を充填し、市内中心部に向けて出発労働法に従っただけでなく、含まれるように始めています。

HRマネージャーの責任は何ですか?

この職業の今日の本質を理解しようとしましょう。これは主に、従業員の報酬と罰のシステムだけでなく、メンテナンスや企業スタイルのも、開発を作成する、つまり、人と空いている位置の候補の選択を通信するための活動を含んでいる機能します。これらの人々からは、集団の雰囲気は主に依存している。そのため、人事管理の能力は、組織の内部精神の強化だけでなく、彼が占めているポストの彼の視点の各従業員にオープンに貢献するアクションを実行するために、企業の目的や使命を策定し、従業員に通信する義務が含まれています。はい、この職業は簡単ではなく、特別な訓練とスキルが必要です。

で、大規模任意のが、常に深いと全身 - 高等教育の主な要件は、それが、法的、経済的、心理的、教育的、商業用であってもよいし、HRマネージャーに起因することができます。道徳的な特質には特に注意が払われる。この業界のプロフェッショナルは、組織的で、分かりやすく、コミュニケーションが可能で実用的でなければなりません。募集マネージャーは、人々や彼と一緒にいる人とうまくやりとりできるはずです。職業によって話すことがたくさんあるので、コミュニケーションに負担がないことが重要です。従業員の声を聞き、行動の特徴を評価し、専門的な成功を予測し、時には実用的な助言を助けることができるようにする必要があります。しかし同時に、そのような専門家は良いマネージャーでなければなりません。人事マネージャーはまた、タスクに対処するために権限と剛性を必要とします。

人事マネージャーの職務

今日、何らかの形でHRマネージャの職業に関連するすべての人に、次の要件と責任が与えられています。

  1. 職員との現状に関する情報、市場における平均賃金、およびこのリーダーシップについての情報を提供することで、労働市場を観察する。
  2. 必要に応じて、メディアに空席に関する情報を掲載し、候補者へのインタビューを実施する。
  3. 個々の空席ごとにプロのプログラムを作成する能力、つまり、特定の職位の候補者が持つべき個人的かつ専門的な資質を知ることは良いことです。
  4. 近い将来、将来的にスタッフのニーズを計画し、従業員の準備を行い、適切な人材をすばやく検索します。
  5. 労働法、ビジネスコミュニケーションの基礎、文書との対話、口頭と書面の両方の会話の知識。
  6. 労働契約、契約、契約の作成と実行、従業員の個人ファイルの作成と会計
  7. インターンシッププログラムの編成、研修、上級研修、従業員の証言、研修、社会プログラムの開発、構成、実施。
  8. 会社の従業員の動機付け、個々のアプローチを見つける
  9. 人事マネージャーの機能

  10. 労働紛争と紛争の解決に参加する、企業の社内規則への遵守に関する管理の実施。
  11. 加えて、創造的思考、分析的心、長期的および操作的記憶の保持、ならびに持続的な注意および観察。

日常的かつ創造的なタスクのトリッキーな組み合わせではなく、誰もがそれらに対処することができます - 一般的に、我々は、HRの仕事があると言うことができます。しかし、あなたが力を感じる場合 - 大胆に管理ピークを征服する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

21 + = 23