Posted on

母性愛とは何ですか?なぜ母親の愛が最強ですか?

ママ...この言葉のなかでどれくらい。それは、軽く親切であり、山を回し、生きるために復活し、最も恐ろしい病気から救う力です。父は自分のものを愛し、母親は自分のものを愛していると言われています。つまり、母親の愛は無条件であり、人間に内在するすべての感情の中で最も不変です。この記事では、母性愛とは何か?

母性愛はどういう意味ですか?

女性が自分の子供を持つ前に、母親の愛が何であるかを理解していないことがよくあります。しかし、彼が手のひらを取り、底なしの目を見るとすぐに、彼らが言うように、消えます。この感情の性質を判断することは困難です。なぜなら、それは遺伝的に私たちに固有であり、進化の動きを決定するからです。母親の愛は、無防備な赤ちゃんが必要とするものであり、独立して生きられないものであり、受け取らなければ死ぬ可能性があります。母親は先生を愛しています。彼女はどのように見えるのか、どのように勉強するのか、そして彼の性格は何か気にしない。

彼女はどんな行為の言い訳も見つけ、欠点を見つけることができます。あまりは彼女が育っている雰囲気に依存しているため、すべての母親は、優しさ、ケアと暖かさのディスプレイにできますが、困難な時代に危険の状況で、彼女は血の最後の一滴まで彼女の子供を守るために準備ができています。現代社会では、これは言葉の文字通りの意味では必要ではありません。愛は欲望と、フィードやドレスを、与える上げ、指導することが必要です。彼らが言うように、子供は私たちの未来なので、老後の準備をしてください。

母性愛の表象は何ですか?

女性が自己中心的なエゴイストでなければ、彼は彼の子供のために自分の欲望をあきらめるだろう。彼女は一人ではなく、彼女の一部の隣にいて、彼女は彼女を全世界にする準備ができています。子どもと一緒に喜んで泣く、成長して新しいことを学び、世界を知る。彼女は社会の本格的なメンバーを育成するためにすべてを行い、自分が知っていることをすべて教え、教え、自分自身を実現するのを助け、彼女の足元に立つ。母性愛ができるものを知りたければ、すべてではないにせよ、それに多く答えることができます。

彼女は子供のために山を回り、最高の医者、もし病気があれば、最高の先生は能力があれば探します。偉大な母性愛は宗教に反映されています。正教会やその他の信仰では、母親の祈りの力が子供を差し迫った死から救った多くの場合があります。母親は無限に彼女の子供を信じて、彼女を支え、彼女の気持ちが無関心であるため、何も返す必要がない快適さと保護のゾーンを作ります。

母の愛

なぜ母親の愛は最強ですか?

女性は子供が誰よりも多くあることを理解しているので、必要ではありません。はい、歴史上、女性が他の人の子供を育てているケースが多く、これは特に戦争の時に現れました。今日、子供たちは引き続き採用し、家族を養子にしますが、しばしば状況は自分自身を持つことができないことによって決まります。母性愛の概念は、他のものとは別に立っています。男性と女性の間の愛は終わり、母と子の愛は時間制限がありません。

母親が単に子供を適切に査定することができないため、盲人の愛はそう呼ばれます。彼女のために、彼は最高です。だからこそ、母親の裁判で最も悪名高い犯罪者でさえも拒否することは稀です。誰もが自分の育成の間違いを認めているわけではありません。なぜなら、それはその女性が悪い母親であったことを意味し、これに同意する準備はほとんどないからです。

盲目の母性愛は何ですか?

残念なことに、すべての母親が、子孫の世話を始めるときに、時間内に停止し、赤ちゃんがすでに成長し、独立した生活の準備ができていることを理解できるわけではありません。彼らは自分ができることをし続け、自分自身でやりたいと思っています。多くの場合、男性に失望女性は、彼を彼の人生の意味を作り、「自分のため」の子供を出産します。これは危険な状況であり、めったに良いことにつながることはほとんどありません。

母親の死後に子供がどのように生きるか考えずに、出産したこれらの女性は運命を終わらせる。 Anatoly Nekrasovが "Mother's Love"という本で彼の子供を助けるたびに、母親は自分の人生を改善するための自分の機会を奪います。残念ながら、これは無条件の母親の愛であり、誰もが反対側を持っていることを認識していません。

彼女の息子の母性愛 - 心理学

母親の息子に対する愛は、彼女が娘のために感じている感情とは異なります。これは主にジェンダーの違いによるものです。いいえ、彼女はその中に性的な対象を見ませんが、潜在的な義理の娘にとって彼女が感じる嫉妬は彼女に内在しています。息子の母親に対する愛情は強いが、彼女はケアするように彼を上げている。心理的に整理されて、結婚したときに家族で愛とケアを見つけ、出産した人の世話を必要としなくなりました。

母性愛の治療

ママの治療の先駆者はB.Drapkinです。彼の治療は、子供のための母親の声が非常に重要であることに基づいています。彼は、インストラクターとしての役割を果たすフレーズを発音するために子供が大声で寝る間、すべての女性に勧めます。母性愛の精神療法は、さまざまな病気、神経障害、涙、悪い睡眠を助けます。母親が翻訳したいと思うフレーズを独立して作成し、4歳未満の子供のベビーベッドに発音させることができます。

母性愛の概念

母性愛についての映画

  1. 「ダンシング・イン・ザ・ダーク」 Lars von Trier唯一の母親の難しい運命の絵がカンヌ映画祭で賞を受賞しました。
  2. "心があるところ" マット・ウィリアムス監督。母親の愛についての映画には、母親になることを決心した17歳の少女についてのこの写真が含まれている必要があります。
  3. 「私の妹の天使」 ニック・カサヴェテス監督。キャメロン・ディアスによって演じられた母親の聖なる愛は、彼女の娘が癌と戦うのを助けました。

母性愛についての本

有名な作家の母親の愛についてのストーリーは次のとおりです:

  1. "お母さんの世話をしてください" シン・クンスク。家族は妻と母親の努力に感謝しませんでした。そして、彼女が姿を消したとき、皆の人生は逆さまになりました。
  2. "母の心" Marie-Laura Pica。深刻な病気が彼女の力を奪うように彼女の子供たちに彼女の全生を捧げたが、彼らにさよならを言われた女性についての本。
  3. 「医者の電話」 Natalia Nesterova。主人公は出産時に母親を拒否します。彼女は育ち、医者になって家に電話をかけ、彼女を産んだ病気の女性を待っていた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 8 = 1