Posted on

めまいのための丸薬

前庭装置の作業における妨害は、様々な疾患の最も一般的な症状の1つである。したがって、めまいのために丸薬を服用することは、病理の出現の正確な原因を見出すこと、および血圧の値を測定することが、最初に重要である。さらに、血液組成、X線検査の追加の分析が必要となります。

めまいがあるときにどの薬を飲むのか理解するには?

医学において考慮されている臨床現象は、脊椎と呼ばれている。めまいの原因に応じて、除去の準備が整えられます。

  • 血管および心臓病;
  • 筋骨格系の仕事における障害;
  • 吐き気を伴う消化器疾患;
  • 中枢神経系の病理;
  • 心因性障害;
  • 耳の炎症性疾患;
  • 迷路の病変;
  • 脳の病気。

これらの要因はめまいの最も一般的な原因と考えられている。彼らの診断は、どの薬物を服用すべきかを決定する。

どの錠剤がめまいに役立つか?

症状の症状的治療には、以下のタイプの薬物の使用が含まれる:

  • 利尿薬;
  • カルシウムアンタゴニスト;
  • 抗ヒスタミン薬;
  • トランキライザー;
  • 脳血管拡張剤;
  • ACE阻害剤;
  • adrenoblockers;
  • 高脂血症;
  • 非ステロイド系抗炎症剤;
  • 前庭基準;
  • ヒスタミン受容体のアンタゴニスト;
  • ニューロンにおける血液循環および代謝過程の正常化のための手段。

最も効果的で安全な薬をより詳細に検討してください。

めまいからの錠剤の名前

心血管疾患は、特に高血圧の背景に対して進行する場合、めまいの最も一般的な原因と考えられている。高圧で、これらの錠剤はめまいのために処方される:

  • キャビントン(ビンポセチン);
  • Tanakan;
  • シエル;
  • ドラマ。
  • Veroshpiron;
  • Torekan;
  • スチュゲロン(シンナリジン);
  • Betaserc;
  • フルナリジン;
  • Seduxen;
  • マンニトール;
  • Relanium;
  • プロメタジン;
  • メコリン;
  • Eufillin;
  • ジアゼパム。

原則として、これらの薬物は、その後の治療の再開とともに複雑なスキームの一部として取られるべきである。急激な落ち込みや低血圧の危機を避けるために、血圧のレベルを常に監視することが重要です。

これらの薬剤はまた、迷路の病変、CNS疾患、脳循環障害の結果、ならびに心因性疾患によるめまいの出現を多く助ける。

消化器疾患の再発などのめまいのより単純な原因は、以下の薬物で治療することができます。

  • Motillium;
  • フェスタル;
  • オメス;
  • しかし、Shpa;
  • Mezim;
  • パングロール;
  • パンクレアチン;
  • メトクロプラミド;
  • Creon。

追加の症状(胸やけ、消化不良)がある場合、Maalox、Gavisconを服用できます。

筋骨格系の疾患は、しばしば、循環障害および疼痛症候群のためにめまいを伴う。このような症状を止めるために、非ステロイド性抗炎症薬およびβ-ヒスチジン二塩酸塩を用いた薬剤が使用される。骨軟化症のめまいに対する有効な錠剤:

  • タグリスト;
  • Vestibo;
  • ニメスリド;
  • ジクロフェナク;
  • どの錠剤がめまいから来ているか

  • 広告;
  • フルナリジン;
  • プロメタジン;
  • メコリン;
  • イブプロフェン;
  • Pentalgin;
  • イブプロム。

この薬はめまいの急性発作を素早く排除し、血液循環を正常化することができるので、脊椎の病理ではBetasercも使用されることは注目に値する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

8 + 2 =