Posted on

アレルギーのための活性炭

様々な刺激が人体に浸透するのに応答して、不快なアレルギー反応が起こる。この疾患を治療する主な方法は、血液および粘膜からの病原体の迅速で強力な排泄である。アレルギーのための活性炭は、その収着および解毒特性のために、一般的な抗ヒスタミン剤より効果的である。

活性炭およびアレルギー

知られているように、刺激にさらされたとき、免疫系の応答を生成しました。減少血Tリンパ球の濃度、及び、特別な保護細胞の量増加 - プロセスがアレルギーからエージェントをクレンジング天然の身体を開始され、これにより、免疫グロブリン型AおよびEを、発疹、皮膚に表示され、粘膜は、より秘密を分泌します。これは、咳、くしゃみ、鼻水と涙目の形で明示されます。

上記メカニズムを促進するために、活性炭をアレルギーから摂取することが推奨される。処理された炭素質化合物の多孔質構造は、毒素およびヒスタミンの最小分子でさえも結合して保持し、それらを天然の方法で身体から排泄することを可能にする。薬物の使用により、遊離免疫細胞の体積が有意に減少し、Tリンパ球の濃度が増加する。さらに、血液の組成は正常化され、アレルギーの臨床症状が沈静化し、患者の状態が緩和され、うっ血およびヒスタミン中毒の徴候が排除される。

アレルギーのための活性炭による治療

アレルギーは依然として複雑な治療を受けていることに注意する必要があります。石炭は体内の毒性負荷を軽減する薬としてメインスキームの補助剤としてのみ使用されます。

医師はまた、予防のコースを年に2回服用するように勧められます。このために、1〜1.5ヶ月以内に、特にアレルギー反応の最大のリスクの期間中、吸着剤を取ることが推奨される:4月〜6月。このような措置は、疾患の臨床症状の強度を低下させるか、またはその再発を完全に回避するのに役立つ。

炭素の吸収性は非常に高く、有害物質の分子だけでなく、有用な微小要素、ビタミンにも結合することを覚えておくことが重要です。従って、活性炭をアレルギーに対して使用する場合、栄養欠乏を補充することができるビタミン製剤および生物学的に活性な添加剤を追加的に服用することが治療中に推奨される。

薬物アレルギーの活性炭処理

医薬品はしばしばヒスタミンの役割を果たすため、多くの人々がほとんどの薬局製品で治療することができません。免疫反応が起こった場合、アレルギー患者は、最後の場所が活性炭で占められていない吸収剤のコースを処方する。

実際には、医薬品の刺激物は体内に毒を出し、血液中の化学反応を誘発し、有毒な化合物を形成します。提案された薬物は、生物学的液体をできるだけ清潔にするために2〜3日間の入院を自由にすることを可能にする 活性炭によるアレルギー治療ラジカルは、免疫の機能を正常化する。

アレルギーのための活性炭の用量

取るべき錠剤の1日の数は、体重10kgあたり1カプセルの計算から得られる。 1回飲む必要はありませんが、2〜3回の入場で石炭の総量を分けることをお勧めします。

薬物の有効性を高め、その吸収を促進するために、カプセルをあらかじめ粉砕し、少量の温水に溶解させることができます。このソリューションは血液や組織にはるかに迅速に入ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 42 = 43