Posted on

エモキシピンの点眼剤

眼科手術におけるエモキシピンの滴下は特に重要であり、眼組織を回復させるように設計されている。これらは、細胞膜中の脂質の過酸化を防止する合成抗酸化剤滴であり、従って、様々な病状において示される。

目のための滴の組成と作用Emoxipine

エモキシピンは、酸素欠乏に対する組織抵抗性を増大させ、血管安定性を高め、血小板融合を予防する現代的な薬剤である。

この抗酸化防止剤および抗保護剤は、眼の血管の透過性を低下させ、眼内液の循環を正常化する。

滴剤は1%溶液であり、1mgには1mgの有効成分 - メチルエチルピリジノールが含まれています。包装は無菌の5mlボトルです。

活性物質は以下に寄与する:

  • 血管壁の強化;
  • 血管拡張;
  • 小出血の解像度;
  • 低酸素症と戦うのに役立ちます。
  • 組織や網膜を明るい光から保護します。
  • 血を液化させる。

エモキシピンを使用する際の注意事項

その性質のために、この薬剤は、様々な目の病状に示される。

エモキシピンの使用に関する適応症

最初は、このツールは、近視(近視)中の網膜静脈血栓症や合併症の治療のために、糖尿病によって引き起こされる網膜の目、非炎症性病変、原因脳疾患に網膜ジストロフィーに出血の治療のために提案されています。

攻撃的な環境条件(レーザーや日焼けの脅威)では、この治療法を使用して症状を緩和します。

エモキシピン滴は、網膜上のレーザー手術後のリハビリ中にも使用される。

今日、医師は、これらの液滴の広いアプリケーションを見出し、そして不十分な酸素供給眼組織を有する患者に割り当てた - 心筋梗塞で、皮膚疾患、重度の失血、緑内障など。

適用方法

これらの滴は3つの方法で使用されます:

  • 眼球のための - retrobulbarno;
  • 眼球の近くの空間 - パラボール;
  • 結膜下では眼の皮膚の下にある。

Retrobulbarno薬剤は0.5mlで1日1回15日間使用されます。

残りの2つの方法 - パラブルダノおよび結膜下 - 0.5 mlを1日1回または1日おきに10〜30日間投与する。

治療の経過は、医師の監督下で年に数回行うことができます。

レーザー手術の前に、手順の24時間前に眼球のためにエモキシピンを投与し、その後1時間処置する。焼灼後、10日間、0.5mLの眼球後薬を使用する必要がある。

心筋梗塞の患者では、エモキシピンは1日当たり10mg / kgの用量で5日間静脈内に点滴投与される。

治療期間は約2週間です。これは、壊死を防ぎ、回復プロセスを加速するために必要です。

このアプリケーションの特徴のうち、推奨されるのは、医薬品を他の医薬品の溶液と混合することではありません。

ドロップの指示エモキシピン - 禁忌

妊娠中に薬物を使用することはできません。また、有効成分へのアレルギー反応も可能です。使用前に、授乳期間は医師に相談してください。

薬の副作用

ほとんどの場合、液滴は耐容性が良好であるが、個々の不耐性、かゆみ、燃焼、 エモキシピンの滴発赤、痛みおよび眼の組織の緊密さ。アレルギー反応を取り除くには、コルチコステロイドの使用をお勧めします。

エモキシピン類似体

エモキシピン:

  • Hrustalin;
  • Catalin;
  • Katachrom;
  • タウフォン;
  • ウヤラ;
  • Quinaks。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

2 + 5 =