Posted on

オオムギの眼の軟膏

大麦は、感染性のある皮脂腺の炎症である。眼に膿性の形成が現れると、かなりの不快感が生じる。この疾患の症状は以下のように現れる:

  • 赤みと瞼の緻密さ。
  • かゆみやまぶたの痛み。
  • 患者が炎症を起こした眼を開くことが困難であるほど顕著になることがある浮腫現象。

場合によっては、発熱や頭痛が発生することがあります。大麦の軟膏が専門家によって最も効果的な専門家とみなされているかどうかを調べます。

オオムギを治療するための軟膏

大麦の最も有効な手段の中には、一貫して軟膏が含まれる。それらの利点は、それらが徐々に炎症を起こした皮脂腺に浸透するために、形成の表面に長時間留まるという事実にある。オオムギに対する人気のある軟膏の詳細。

テトラサイクリン軟膏

テトラサイクリン軟膏は、何十年にもわたって大麦の眼の治療に使用されてきた。眼用テトラサイクリン軟膏中の活性物質の濃度は1%であり、これは組織を燃焼させる危険なしに薬物を使用することを可能にする。しかし、オオムギをテトラサイクリン軟膏で眼の上で治療する方法は誰にも知られていません。眼科医は、原則として、大麦の形成の最初の兆候で治療法の使用を開始し、膿瘍が開き、その内容が出なくなるまで治療を続けることを勧められる。あなたの手を石鹸で洗った後、1日3回まぶたの下に置くべきです。同様の抗菌効果がエリスロマイシン軟膏によってもたらされる。

ヴィシュネフスキーの軟膏

眼に大麦が現れるビシュネフスキーの軟膏も、私たちのおばあちゃんによって使われました。膿を抜き取るために、眼科医はヴィシュネフスキー軟膏の包帯を病気の目に貼り、ステッカーで固定することを推奨します。救済は数時間続けなければならない。目の内部に大麦マイボーム虫や多発性の病変を伴う軟膏を使用することが特に推奨されます。

Blepharogel

抗菌軟膏は、病原性微生物叢に効果的なゲルで置き換えることができます。 Blepharogelはそのカテゴリーで最も人気のある薬剤の1つです。薬の組成には、ヒアルロン酸、世紀の皮膚と粘液の部分を洗浄するだけでなく、消毒と抗炎症効果があるアロエベラの抽出物が含まれています。 Blepharogelを塗布すると、綿棒に塗布され、炎症を起こしたまぶたに円運動で擦り込まれます。

Floxal

Floxalの滴のように、Floxal軟膏は、眼に大麦を取り除き、結膜炎、眼瞼炎および角膜炎を含む多くの他の眼疾患の治療に使用されます。軟膏でまぶたを引っ張って、下結膜嚢に軟膏を入れます。製品が適切な場所に置かれたら、目を閉じて眼球を動かす必要があります。これはPhloxalの軟膏が罹患した目の腔に迅速かつ均等に分布するように行われる。

目にオオムギのビシュネフスキー

ヒドロコルチゾン

しばしば長期間頻繁に出現する大麦の専門家は、眼科用軟膏であるヒドロコルチゾンを推奨している。製品は、長い注ぎ口から直接目の中に絞られ、まぶたをわずかに除去する必要があります。一度に約1cmの軟膏を広げる。この手順を1日2回繰り返す。

注目してください! 軟膏の長期使用ヒドロコルチゾンは眼内圧の上昇を引き起こす可能性があります。さらに、この救済策には多くの禁忌がある。この点で、医師の処方には、専ら眼科用軟膏であるヒドロコルチゾンを使用することを強くお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

1 + 7 =