Posted on

タブレットの母親

近代的な人々は、しばしば、植物材料から天然の調製物を調製するのに十分な時間がないため、薬局で購入する方がより便利です。そのような治療法の1つは、完全に自然起源であるにもかかわらず、慎重に使用されなければならない錠剤の母虫である。

母親の錠剤中の組成

当然のことながら、カプセルの主な活性成分は、乾燥形態(14g)の植物の抽出物である。

投与の容易さのため、錠剤は通常、基底スクロースdiokisdaシリカ、ポビドン、ステアリン酸カルシウム、およびデンプンを釉薬で被覆されています。

どのようにタブレットでmotherwortを取るか?

問題の薬物が鎮静剤群に属していることを考えると、治療薬の需要と任命にのみ使用されるべきである。カプセルが天然の植物抽出物に基づいて開発されているという事実でも、ミルクは絶対に安全な投薬を制御不能にすることはありません。

使用の兆候はそのような病状である:

  • 不眠症;
  • 神経系の興奮性の増加;
  • 神経衰弱;
  • 軽度の形態の動脈性高血圧;
  • 血管系の機能障害;
  • 葉血管ジストニア;
  • 心拍数の増加。

母親の丸薬を飲む方法は次のとおりです:

  1. 一度に1カプセルを服用してください。
  2. この手順を1日3〜4回繰り返します。
  3. 食事の50〜60分前に錠剤を飲むことをお勧めします。
  4. コースを約14日間続ける。

治療薬と薬用バレリアンをベースにした薬を組み合わせることが推奨されていますが、この場合にのみ錠剤の数を減らす必要があります。

母親の錠剤中の投与量は、赤ちゃんの年齢および健康状態に応じて小児科医によって個別に選択されるべきである。ほとんどの場合、薬物は、機能的神経障害、不安または睡眠障害を有する小児に処方される。 2歳未満の子供はカプセルを飲むべきではないことに注意してください。所望の治療効果を達成するためには、就寝前に植物の天然ブイヨンを入浴浴に添加するだけで十分である。

妊娠中の丸薬

特に将来の母親のために、薬剤師はPustyrnik-Eco治療薬を製造しています。この薬は妊婦には安全ですが、それを使用することの是非は主治医と話し合う必要があります。

使用方法は古典的な母親とわずかに異なります - 1日2〜3回、食事の30分前に1錠。

母親の錠剤の禁忌および副作用

薬物が疾患の経過を悪化させる可能性があるので、中等度および重度の高血圧形態の薬物(遅れた心拍数)を使用することは望ましくない。問題は、収穫期の指標だけを減らすのに母親が役立つが、拡張期の圧力はそれを低下させないことである。

また、十二指腸および胃の両方の潰瘍の悪化において、丸薬は禁忌であることに留意すべきである。寛解の段階では、カプセル剤を服用することができる。

母方の植物を摂取する前に、ハーブエキスがヒスタミンであるため、問題の植物にアレルギーまたは過敏であるかどうかを調べることが重要です。皮膚発疹、蕁麻疹などの副作用を示すことがあります。

どのようにタブレットでmotherwortを取る

他の付随する治療効果は、通常単独で消失する消化不良である。

まれに、それは注意を減少引き起こし、その専門的な活動常に集中する必要が接続されている人には適用することは望ましくないという薬物の状態への命令(機械オペレーター、ドライバー)。

Leonurusによる錠剤の過剰投与

薬の過度の消費は、胸やけ、吐き気、吐き気を引き起こす。これらの現象は、しばらくの間、治療を止めることによって排除することができる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 59 = 64