Posted on

ネブライザーによる吸入用デカリン

デカサン - 強力な抗菌薬で、出産前にキャビタリー手術中に手術器具を消毒するために使用されます。この薬は細菌を打ち負かし、人体の細胞に影響を与えないので、薬物の範囲は絶えず拡大しています。最近、Dekansanは、上気道および下気道の疾患の治療中にネブライザーによる吸入に積極的に使用されている。この方法は特に子供には適していますが、大人にも適しています。

吸入のためのDexanの使用の根拠は何ですか?

噴霧器を使用してDexanを吸入用に使用することは、病気の初期段階で最善であり、合併症の予防に役立ちます。例えば、良い1-2トリートメント日寒さで、それは呼吸器系に感染し、普及を下回るので、そのような気管炎や気管支炎などの疾患の発症リスクを減らすことはありません。また、血管収縮滴とは異なり、吸入息が容易と排気痰を強化するが、治療効果は意志だけでなく。

基本的な活性物質detametoksinは、細胞間の膜は、事実上すべての既知のグラム陽性および一部のグラム陰性菌破壊するという事実のために、彼らは乗算し、最終的に死ぬ能力を失います。ネブライザーを用いた噴霧は、抗菌剤の微粒子が気道の粘膜全体を覆い、微生物を除去することを可能にする。この治療法の有効性は非常に高い。

これにより、そのような疾患の吸入の形態で薬物を使用することが可能になる。

  • 副鼻腔炎;
  • 鼻炎;
  • 喉頭炎;
  • トルシライト;
  • 狭心症;
  • 気管炎;
  • 気管気管支炎;
  • 気管支炎;
  • 膿瘍および嚢胞性肺低形成;
  • ストレプトコッカス、マイコバクテリアおよび他の微生物による呼吸器官の感染。

ネブライザーで吸入するためのデカサンの使用説明書

あなたが吸入のためにDexanを植える方法を知らないならば、慎重に薬のパッケージを見てください。活性物質および組成物の濃度を示すべきである。ネブライザーのカプセルがある場合、薬をさらに希釈する必要はありません。脱炭酸した水と塩化ナトリウムはすでにデカサンに加えられています。純粋なデカサンをお持ちの場合は、大人を治療する場合には1対1の割合で、生理学的には生理食塩水で希釈し、子供の治療では1対2で希釈する必要があります。これは近似式であり、メタアクテタキシン濃度のパーセンテージが異なるためです。異なる細菌が薬剤に対して異なる感受性を有するため、吸入デカサンの割合が医者を選択する方が良いでしょう。

治療レジメンは、1日1〜3回の吸入を、吸入毎に5〜10mlのデカサンを用いて行う。薬物の最大一日量は20mlです。

デカサンで吸入する頻度は、病気の段階とその重症度によって異なります。初期の段階では、1つの手順で十分です。もし 吸入のための断頭改善や合併症が発生していないため、集中治療を実施することができ、吸入回数を1日3回に増やすことができる。

薬物は私たちの体の細胞に影響を与えず、実際には血液に入りませんので、過剰摂取の可能性は非常に低いです。禁忌はほとんどありません。まず第一に、それは個々の不寛容です。アレルギー反応の症状に気づいた場合は、直ちに治療を中止し、医師の診察を受けてください。この場合の最も一般的な症状は、蕁麻疹、かゆみですが、呼吸が困難なこともあり、非常に危険です。

吸入の形態のデカザンは、1年以上の年齢の子供を治療するために使用することができる。妊娠中の胎児に対する薬物の影響は研究されておらず、牛乳中の授乳中にデカサンは落ちない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

50 − = 48