Posted on

ローションbelosalik

特徴的な症状、角質増殖、炎症および表皮の落屑を伴う様々な皮膚疾患、コルチコステロイド治療によく反応します。このタイプの薬物では、成分の適切な組み合わせのおかげで3-4週間は完全に病気の症状を取り除くためにのために、炎症を防ぐことができますローションBelosalikを、適用します。

ホルモンかどうかBelosalik?

この薬剤の主な有効成分はジプロピオン酸ベタメタゾンである。この化合物は、ホルモンプレドニゾロンの合成類似体であるグルココルチコステロイドの一種です。ベタメタゾンは強力な免疫抑制効果および抗炎症効果をもたらす。

したがって、問題の薬物はホルモンである。

ローションBelosalikの成分

この溶液の1gに、500μgのベタメタゾンおよび20mgのサリチル酸が含まれる。残りの容量は補助成分(水、エデト酸二ナトリウム、水酸化ナトリウム、イソプロパノール、ヒプロメロース)で構成されています。

Betamethasoneは次の機能を実行します。

  • 催眠性;
  • 抗アレルギー薬;
  • 抗炎症剤;
  • 免疫抑制剤;
  • 血管収縮性

サリチル酸の目的は、その角質溶解特性のためにベタメタゾンの皮膚への浸透を促進することである。さらに、この物質は、細菌または真菌感染症の進行を防ぐ、酸性状態の局所環境を維持する。

ベロサリクスプレーローションの塗布

記載された解決策は、そのような疾患に対して処方される:

  • 頭皮の脂漏性皮膚炎;
  • 神経皮膚炎;
  • 湿疹;
  • 脂漏症;
  • アスベストおよび赤色扁平苔癬;
  • 魚鱗癬;
  • 皮膚の嚥下障害;
  • 感染症に起因する過角化症。

特に効果的なのは、乾癬のBelosalikローションで、次のような不快な症状をすばやく止めるのに役立ちます。

  • かゆみ;
  • 刺激;
  • 赤み。
  • 表皮の剥離;
  • スケールの出現。

薬物の正しい使用は、損傷した皮膚に少量の溶液(十分に1回のスプレーまたは数滴)を毎日適用することにある。このローションを少し擦り、液体が完全に吸収されるまで放置する。この手順は、1日2回、時には十分であり、疾患の形態が容易な段階にある場合には1回行われる。

一般的な治療法は、組成物中のグルココルチコステロイドホルモンの免疫抑制作用のために3〜4週間を超えてはならない。

Belosalikomの治療を開始するにあたっては、禁忌について覚えておいてください。

  • 酒さ;
  • ワクチン接種後の皮膚反応;
  • チキンポックス;
  • 皮膚治療領域に開いた創傷または潰瘍の存在;
  • アクネ尋常性ざ瘡;
  • 梅毒;
  • 皮膚の結核;
  • ウイルス感染;
  • 栄養障害および潰瘍;
  • 溶液の成分のいずれかに対する過敏症。

ローションBelosalikは非常に安全で、めったに副作用を引き起こさないことは注目に値する。そのうちのいくつかは時々注目されます:

  • 過敏症の反応(表皮の赤味付け、火傷またはかゆみ);
  • 二次感染;
  • ストリア;
  • にきび;
  • 皮膚の萎縮。

ローション類似体Belosalik

ローション

薬の使用が不可能な場合は、次の薬に置き換える必要があります。

  • Diprosalic;
  • ベタダムA;
  • ベタサル;
  • Rederm;
  • Betnoveit-C;
  • Acriderm SC。

概して、ほとんどの患者は、軟膏の形態で製造された最後の薬剤を好む。それはまた、ベタメタゾンおよびサリチル酸に基づくが、より高濃度である。さらに、Acridermのコストははるかに低くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 14 = 23