Posted on

アペンドを傷つける方法を傷つける

付属器の痛みは炎症(副腎炎)を示す。このプロセスは、卵管の粘液表面から始まり、徐々に卵巣を捕らえる。実行されている場合、病気は慢性期に行きます。卵巣にスパイクがあり、結果として不妊症が起こることがあります。時には無視された病気が膿瘍につながることもあります。

付属器の処置の必要性を示す警報信号:

  • 鼠径部の痛み;
  • 頻繁な切開を伴う排尿;
  • 悪心;
  • 性的接触における痛み;
  • 月経周期の違反;
  • 高温(急性の炎症を伴う)。

女性の付属器をどのように治療するのですか?

回復のためには、感染症と戦い、免疫力を強化する必要があります。

  1. ほとんどの場合、医師は抗生物質治療(抗生物質治療)を行います。彼らは何の感染が見つかったかに基づいて任命されます。あなた自身の選択した抗生物質を服用することはできません。専門家に相談してください!抗生物質と一緒に抗ヒスタミン剤を処方するので、中毒はありません。
  2. 付属器を処置することに加えて、抗生物質は、抗炎症効果を有する坐剤を処方される。彼らは局所的に炎症を起こした器官に作用します。免疫を強化するろうそくがある(免疫を減少させることは、付属器の炎症の原因の1つである)。
  3. 慢性肛門炎では、理学療法が行われます。
  4. 付属器の治療における極端な手段は内視鏡手術である。

医師が任命した基礎に加えて、付属器の処置のための民間療法が使用される。ここにいくつかあります。

  1. ハーブにチンキをつけて風呂に入れる。適切な:カモミール、母と義母、虫、セントジョンズワート、リンデン、オーク根。
  2. 付属器の治療

  3. ハーブティー(様々なハーブの準備)が便利です。彼らは1日中飲酒する必要があります。
  4. 注意して、薬草のブイヨンからダウチを使用する必要があります。
  5. より多くのニンニクとタマネギ、カラントの果実、ブルーベリー、ジュニパー、クランベリーを食べる。アロエの葉から絞ったジュースを飲むと便利です。

病気の正確な診断後にのみ、家庭内の付属器を治療することができます。

付属器の痛みには、直ちに治療とフォローアップが必要です。慢性的なフォームへのオーバーフローを許さないでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 56 = 59