Posted on

免疫を強化するための薬物

まだ50-70年前、人々は病気を治す薬をほとんど知りませんでした。しかし、時代は変わり、今日色の錠剤でカラフルな箱に詰め任意の薬局 - 咳や鼻水、頭痛、感染症、真菌、神経症、胃、心臓、および他の多くの。そして、比較的最近になって、薬師たちは、白い棚に不明な薬を奇妙な名前の「免疫調節剤」と置いた。

イムノコレクター?

これらの薬剤は免疫力を高めるように設計されています。免疫力を高めるためには、治療と予防の論理的戦略のように思えます。しかし、医師の間で、この技術革新は、このツールとその相手の明白なファンとして登場直後:前者はこれらの薬剤は、新しいウイルスや流行のこの時代に非常に関連して、第二は、これらの薬は役に立たないだけでなく、有害ではないだけであることを信じていると信じています。

確かにこれまたはその位置を確認する証拠はない。しかし実際には、多くの人々がこれらの医薬品がどのように人生をより容易にするのかをすでに見ています。したがって、進歩は異議申し立て人の意思に反するものであり、現在ではこれらの免疫矯正師は非常に多くあります。最も怠惰な製薬工場だけがそれらを生産しません。混乱しないように、どの免疫調整剤が本当に注意を払う価値があるのか​​、この記事をお読みください。

免疫を改善する最善の薬剤

成人における免疫を増加させる薬物は、2つのグループに分けることができる:

  • 合成;
  • ホメオパシー。

第1の薬剤群は人工的に推定された分子から作られ、第2の薬剤はある割合の希釈形態の天然成分を含む。

イミュニティを改善するためのホメオパシーの救済策

免疫を是正するためのホメオパシー薬は合成薬ほど多くはありません。これは、現代医学におけるホメオパシーの人気が低いことに起因するが、これはその非効率性を意味するものではない。ドイツのHeel社には特に注意が払われなければなりません。その医薬品は、副作用を最小限に抑えて治療する必要がある場合に非常に有用です。これらの薬剤の有効性は、通常の合成薬剤の治癒能力と競合することができる。

  1. ガリウム - ヘリウム。 この薬物は、身体の細胞を活性化し、機能を解毒する役割を担います。したがって、それは免疫を活性化し、予防措置および感染性および細菌性疾患の治療の両方に使用される。
  2. Engistol。 この薬は特定の酵素(硫化物)に影響を及ぼします。したがって、抗生物質と同時に使用しない方がいいです。彼はそれらを中和する。これは、この薬剤がウイルス感染に有効であることを意味する。同時に、それは血管の働きを活性化し、代謝を促進し、身体の保護機能を高める。
  3. エキナセア組成物。 この薬剤の効果は、炎症過程を軽減すること、ならびに身体の免疫および解毒機能を活性化させることを目的としている。エキナセア組成物は、非特異的および体液性免疫を改善する。
  4. アフラブン。 この薬は局所免疫を活性化し、発熱と炎症を軽減します。この治療法は、インフルエンザの発症前に長時間服用する価値があります。ヒールの薬のラインに属さない、aflubinは効率が低いです。

免疫を増強するための薬学的調製物

  1. イムノスタット。 この薬剤は、ARVI、ならびにB群およびA群のウイルスに有効である。ウイルスが細胞に浸透する疾患の初期段階においてのみ役立つので、長期間の治療の場合には意味がない。それは体内でインターフェロンの合成を引き起こし、免疫系の主要な「戦闘機」であるマクロファージを活性化させます。
  2. 免疫を改善するための薬

  3. Amiksin。 この薬剤はインターフェロンa型、b型、g型の生成に関与している。低毒性の抗ウイルス剤として医薬品に使用されています。同時に、幹細胞の増殖を活性化する。
  4. サイクロフェロン。 この薬剤はインターフェロンa型およびb型の合成を促進する。それはまた、ヒト免疫を構成するT-スーパーストレスおよびTヘルパー細胞の比率を標準化する。骨髄幹細胞を活性化して顆粒球を作ります。その効果は、病気全体を通して非常に高いです。ウィルス、インフルエンザ、ARVIに及ぼす最大の効果。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

8 + 1 =