Posted on

悪心のめまいの弱さ

吐き気、めまい、衰弱がある場合、まず心に浮かぶのは中毒です。数時間前に食べて飲んだことを忘れないでください。珍しい、よく知られていない、疑わしい製品のメニューが前夜にはありませんでした。あなたがアレルギーの場合は、中毒に加えて、アレルギーと排除されません。頭痛、吐き気、脱力感、めまいが数日間続く場合は、病気の原因は何か他のものであることも可能です。そのような症状の原因を考えましょう。

吐き気、嘔吐、めまい、衰弱 - それは何ですか?

これが中毒ではなく、アレルギーでない場合、そのような症状は大気圧の変化によって引き起こされる可能性が非常に高い。 Meteozavisimyeの人々はしばしば気分が悪いと感じます。そのような結果があなた自身の血圧の変動を引き起こす可能性があります:急激な減少または増加。

最初の症例では、状態は閉塞前、おそらく悪心および衰弱に近づく。目の前の第二黒い点では、鋭い頭痛、正常な体温で手足の熱感。 VSD、または栄養血管性ジストニアの同じ症状。この場合、できることは、酸性化したレモンの水を飲んで症状を除去して待つことだけです。この病気の幸福は、かなり早く通常の状態に戻ります。衰弱、めまい、眠気、吐き気が数時間後に消えてしまいます。

めまい、吐き気、衰弱 - 病気の症状

あなたはめまい、吐き気、脱力感、発汗、吐き気やなど、めまい、脱力感、発熱の症状が発生した場合、それは次のように深刻な病気を引き起こす可能性があります:

  • 腸管インフルエンザ;
  • 胃または十二指腸潰瘍の悪化;
  • 副鼻腔炎;
  • 急性ウイルス感染、発熱;
  • 内部出血。

温度上昇が観察されない場合には、それは病気の原因は、内分泌系の仕事にさまざまな障害であることを非常に可能性があり、甲状腺、副腎不全、またはホルモンの不均衡によって引き起こされる他の障害の中毒があります。この条件の理由は次のとおりです。

  • うつ病とストレス;
  • パニック発作;
  • 青年期、閉経期および妊娠中のホルモンの再構築。

悪心、めまい、衰弱 - 治療

私たちはあなたが理解することを願っています:薬は医師によって処方され、医師によってのみ処方されるべきです。これらの症状はすべて非常に多くの病気の証拠となり、それぞれに独自の治療法があります。したがって、専門家の助けがなければ、あなたは管理しません。セラピストに尋ねて、あなたが感じることすべてを詳しく説明してください。これに応じて、血液検査、超音波や絵を明確にし、正確な診断を行うために役立つ他のテストのための専門家、紹介にリダイレクトされます。

めまい呪文は自然の中で短期的であり、あなたは、10〜15分間週に数回起こる場合その場合には、これは前庭装置の障害によって引き起こされる可能性が非常に高いです。

本当のめまいの原因となる病気:

  • 耳病 - 良性発作性めまい;
  • 内耳の炎症;
  • 聴神経の腫瘍;
  • 吐き気嘔吐めまいの弱点

  • メニエール病;
  • 気圧外傷;
  • 中耳炎;
  • 脳腫瘍;
  • 片頭痛;
  • 頭蓋脳損傷;
  • 骨軟骨症および頸椎のヘルニアが含まれる。

これらの病気では、めまいは数多くの症状の1つに過ぎず、自分の強さで対処することはほとんど不可能です。少しでも寝たきり、休息、ビタミンの摂取が改善されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 17 = 22