Posted on

吸入用ヒドロコルチゾン

ヒドロコルチゾンが吸入に使用できるという事実は、薬物の使用説明書は書かれていません。幸いなことに、多くのため、医師はこのツールを発見し、スムーズな呼吸と咳の排除を復元するためにそれを使用します。

吸入用ヒドロコルチゾン

ヒドロコルチゾンは理由のために専門家を好んだ。それは、そのアナログの多く(粘液溶解剤)よりはるかに効果的かつより柔らかく作用する。この薬剤は、喉、気管支および肺の粘膜に有益な効果を有する。それは非常に迅速に腫れ、炎症、液状粘液を削除します。
とりわけ、ヒドロコルチゾンはインターフェロンを体内から排泄することはできません。これにより、免疫は適切なレベルで維持され、病気と戦い続けます。

例えば気管支喘息、気管支炎、喉頭炎などの複雑な疾患の処置において吸入用バイアル中ヒドロコルチゾン。これらの疾患は、知られているように、咽頭に痙攣が起こる痛みを伴う咳の発作を伴う。このような状態は危険であり、粘膜浮腫が始まり、これはひいては仮死に至る。

吸入のためにヒドロコルチゾンをどのように希釈するのですか?

薬が傷つくことはありません、それは非常に慎重に、専門家に相談した後にのみ使用する必要があります。最も安全で効果的なのは、希釈された形の薬剤です。吸入ヒドロコルチゾンのための標準的な投与量 - 生理食塩水3mLで混合されなければならない25ミリリットル、。混合物を調製する前に、皿(ネブライザーボトルを含む)を沸騰水で処理する。

1日に2つ以上の処置はしません。吸入中は常に同じ方法で呼吸します。あまりにも深呼吸を取ろうとしないでください。これはあまり効果がありません。逆に、過剰な呼吸活動のために、咳の発作が起こることがある。

噴霧器でヒドロコルチゾンを吸入すると禁忌になるのは誰ですか?

ほとんどの薬局では、ヒドロコルチゾンは処方箋で販売されています。それは偶然ではありません。 ネブライザー中のヒドロコルチゾンによる吸入薬物はグルココルチコイド群に属しているため、乱用することはできません。将来の母親に原則として適用することは推奨されません。そこ形成に問題があることと胎児を出産することができますので、ヒドロコルチゾンは、結合組織の構造化プロセスを阻害します。

ヒドロコルチゾンの代替物を見つけることは必要であり、そのような病気には:

  • 胃潰瘍および十二指腸潰瘍;
  • 骨粗鬆症;
  • 結核;
  • 真性糖尿病。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 59 = 64