Posted on

吸入のためのフルムシル

ネブライザーを用いた吸入は、気道を通じたエアロゾルの形態での薬剤の導入に基づく有効な現代的な治療方法である。特に頻繁に、吸入は咳を伴う疾患に推奨される。この手順では、実際に身体に全身的な影響を与えることなく、刺激された粘膜を保湿して柔らかくし、すぐに病理学的な焦点に薬を送達することができます。

製薬業界は、吸入による使用のための多くの医薬品を製造している。この記事では、FluimucilとFluimucilの抗生物質ITの2つの吸入剤の使用の特徴について検討します。

Fluimutsilで吸入するには?

吸入用のフルミシリンは、弱い硫黄臭を伴う透明で無色の液体である溶液の形態で効果的かつ安全な薬物である。 3ml(10%溶液)のアンプルで吸入するためにFluimucilを充填した。

フルミシルは去痰薬の群に属します。それは痰の分泌の増加、液状化を促進し、身体からの排泄を促進する。また、抗炎症作用も有する。薬物の活性物質はアセチルシステインである。次の場合に割り当てられます。

  • 気管支炎;
  • 気管炎;
  • 細気管支炎;
  • 肺炎;
  • 間質性肺疾患など

この手順のために、Fluimucilの1アンプルを1:1の比で生理食塩水で希釈する。吸入は1日2〜4回、15〜20分間行う。原則として、急性疾患の治療において、コースの期間は10日を超えない。慢性プロセスの場合、医師は最大6ヶ月まで薬物摂取量を処方することができる。

Fluimucilには、反射性咳、鼻漏、気管支痙攣、口内炎などの副作用があるかもしれません。この薬は、悪化する段階で消化性潰瘍の場合には禁忌であり、妊娠および授乳(注意が必要)、その成分に対する過敏症である。

Fluimucil(吸入用抗生物質)の繁殖方法

使用説明書によれば、吸入用Fluimucil抗菌剤ITは、凍結乾燥物の形態で、250mlまたは500mlのボトルで入手可能であり、溶液を調製する。溶媒としては注射用の水が使用され、それは2または4mlのアンプルで包装され、製剤とともに供給される。薬品自体は、黄色の弱い臭いを帯びた白色または黄色の薄片状の塊状の外観を有する。

この薬剤は、粘液溶解性(去痰薬)と抗菌作用(呼吸器系感染症のほとんどの病原体に対して)の両方を同時に発揮します。フルミシル抗生物質の活性物質は、チアミンフェニコールグリシネートアセチルシステイン酸の複合化合物である。薬は以下の目的で処方されています:

  • 長引いた気管支炎および肺炎;
  • 肺の膿瘍;
  • 嚢胞性線維症;
  • 細気管支炎;
  • 百日咳、その他

1回の吸入措置を講じるために、1つの250 mlバイアルの内容物を水溶媒バイアルで希釈します。吸入は1日2回行うべきである。必要であれば、特に重度の症例では、最初の2〜3日間の治療で2回増量することができます。 65歳以上の患者のために用量を増やさないでください。薬物による治療期間は10日を超えてはならない。

Fluimucil抗生物質ITの治療では、次のような有害反応が起こる可能性があります。

  • 反射咳;
  • 口内炎;
  • 鼻炎;
  • 吸入のためにそれをflumucil

  • 悪心;
  • 気管支痙攣

薬は以下の場合には適用が禁止されています:

  • 貧血;
  • 白血球減少症;
  • 血小板減少症;
  • 薬物に対する過敏症。

慎重に、妊娠中および授乳中、ならびに肝不全または腎不全に処方される。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

87 − 78 =