Posted on

心不全治療を伴う脚の浮腫

心不全は現在非常に頻繁に起こる。心不全では、脚は血流の低下およびリンパの蓄積のために腫脹する。心筋が負荷に対処できないことに関連して腫れが起こったことを確認するには、次のような兆候があります。

  • 両脚は対称的に膨らむ。
  • 浮腫はゆっくりしたビルドアップで徐々に形成される。
  • 浮腫は密であり、それらを押すとうつがある。
  • 脚の腫れは夕方に最も顕著です。

専門家によく聞かれる質問の1つ:脚の腫れに心不全が伴う場合はどうですか?このケースでは、心臓病学者がアドバイスするものを学びます。

心不全で脚の腫れを治療するには?

心不全は、以下のような疾患に典型的である:

  • 虚血;
  • 動脈性高血圧;
  • 心不全;
  • 心筋梗塞;
  • 心房細動;
  • 心筋炎など

心不全はまた、貧血、肥満、肝硬変および他の多くの慢性疾患によって引き起こされる。

心不全による脚の浮腫の治療は、主に基礎疾患の全身療法に関連する。血液循環を正常化し、血液の停滞を防ぐ目的で、植物性物質に基づく強心配糖体が使用されています。

手足の浮腫を軽減するために、患者は利尿薬を処方されている。だから、足の浮腫を取り除くために心不全で処方薬を処方することができます:

  • フロセミド;
  • Veroshpiron;
  • ピレタニド;
  • ブメタニド;
  • トリアムテレン;
  • Thoramidesideおよび他の利尿薬。

利尿薬は身体から多くの有用物質を洗い流すので、人間に必要なミネラルとビタミンのバランスを取り戻すために、薬を並行して飲むことをお勧めします。

どのように心不全の民間療法で足の腫れを削除するには?

伝統的な薬は、伝統的な薬のように、心不全の脚の浮腫をなくすために、塩分摂取量(2グラム/日)と液体消費量(2リットル以下)を大幅に減らすことを推奨しています。

病気の発症の初期段階では、海塩を含む足湯または野菜の煎じ薬が使用されます:

  • カモミール;
  • セージ。
  • ペパーミント。

この疾患の任意の段階で腫脹を軽減することは、注入によって促進される:

  • 桜の茎;
  • パセリの葉;
  • カバ芽。

また、効果的な植物寄付金を提供しています。

レシピは最初のものです:

  1. 2杯のカバの葉を取ってスプルース針に0.5リットルの沸騰水を注ぎます。
  2. 低温で20分間ブロスします。
  3. 冷却された液体をろ過し、1/4カップで30分間服用してから、1日3〜4回食事する。

もう一つのレシピ:

  1. 亜麻仁4部、カバの葉3部、茎の粉砕した根3部を混ぜる。
  2. 得られた混合物を沸騰水のガラスに注ぎ、30分間放置する。
  3. 輸液は、大さじ1杯の食事の前に1日3回服用します。

生のカボチャ0.5kgを毎日食べるか、カボチャ2杯を飲むのが非常に便利です。利尿剤の性質は、ビバナム、カウベリーに基づく飲料(果物飲料、紅茶)によって享受される。

コアの毎日の食事には、以下を含めることが推奨されます。

  • 焼いたジャガイモ;
  • キュウリ;
  • 生キャベツ:
  • 心不全の民間療法による足の腫れ

  • そば;
  • 乾燥したアプリコット;
  • レーズン;
  • ナッツ。

挽いた生ジャガイモの足からの優しさを鎮めます。

注目してください! 浮腫性症候群の治療における重要な要素は、合理的な療法である。心不全に苦しんでいる患者は、少なくとも9時間、完全な夜間の休息が必要です。身体活動を制限し、精神的感情的な休息を提供することも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

83 + = 87