Posted on

月経前の症状定期的な月経は、妊娠可能な年齢の健常な女性のためのものでなければなりません。この期間中、女の子は衛生に特別な注意を払う必要があります。多くの批判的な日は、しばしば幸福の悪化が先行するため、多くの問題を引き起こします。この現象は非常に一般的であり、月経開始前の症状の複合体を月経前症候群(PMS)と呼ぶ。その主要な標識については、各少女を知ることは有益であり、母親はそれを娘に伝えて、少女たちが体の変化の準備ができているようにする必要があります。そうすれば、不快感や不快な感覚は彼らを恐れず、パニックを引き起こします。

PMSの症状と月経前の状態

重大な日の前夜に、女性はさまざまな感覚に出会うことができます。吐き気の出現を訴える人もいます。この不快な状態は、以下の理由から少女に付随する可能性があります。

  • 子宮の構造の特徴のために、これはサイクルのこの部分での重み付けのために単に神経中心に圧力をかけることを開始する。
  • 吐き気は、スポーツに積極的に関与している人で、身体的ストレスのために最も頻繁に起こります。
  • 避妊薬を服用することもこのような不快感を引き起こす可能性がありますので、この問題については医師に相談することをお勧めします。

多くの人々は批判的な日の前に食欲の増加を認めている。これはホルモンの背景の変化によるものです。現時点では、栄養の組織に関する助言は有用です:

  • 強い茶の量を減らすために、コーヒーを拒むために;
  • より多くの果物、野菜を食べる。
  • ダイエットは乳製品が豊富でなければなりません。
  • パン、お菓子をたくさん食べないでください。
  • たくさんの液体を飲む必要があります。

PMSを経験したほとんどの女性は、腹痛のような月経前にこのような症状に精通しています。この不快感は、月経中に子宮内膜拒絶が起こるため、子宮の収縮によって引き起こされる。これは不愉快な感覚を引き起こす。痛みが戻ってきます。重度の倦怠感で、麻酔薬を飲むことができます。

また、乳房の変化には、月経前の症状が含まれます。女性は乳腺の痛みと腫れに注意します。そして、いくつかの女の子は、約37℃の温度上昇を有し得る。さらに、脚の腫れ、頭痛、放電の性質が変化することがあります。

不快感は、月経前に皮膚に現れる発疹をもたらす。この問題には独自の理由もあります。

  • 免疫力を弱める。
  • ホルモンの変化;
  • ホルモン剤を服用する。
  • いくつかの内分泌障害。

この時期に顔の肌を注意深く監視することが重要です。化粧品は高品質でなければなりません。

女性の行動の変化も特徴的である。彼女は、苛立ちがあり、うずくく、攻撃的になることがあります。

多くの人々は、月の何日前にこれらの症状がすべてあるかに興味があります。これは個体であり、体の特徴に依存します。不快な兆候は、出血の出現の2〜10日前に現れることがあります。通常、彼らは「批判的な日」の始まりに合格します。月経後に何らかの症状が残っている場合、病理を解消するために医師に相談することは価値があります。

どのような症状が最初の月経前に女の子に発生する?

それとは別に、ティーンエイジャーが直面する変化に注目する価値があります。最初の月経が始まる前の1〜2年間、女の子は胸を伸ばし始め、脇の下と恥骨の下に髪が現れます。 毎月何日前に症状が出るか多くの女の子は、にきびのために悲しんでいる。この時点で、人物は変化しています - それはより女性的になります。

重大な日の約2ヶ月前に、透明な排泄物が現れる。通常、黄色がかったり、においがありません。月経前夜には、痛み、気分の変化など、上記の症状をすべて抱えている可能性があります。この月の前またはその少女の症状は正確には分かっていませんが、事前に分かっていません。しかし、女子生徒は成長のこの段階について知っていて、彼女の母親に質問するのをためらうことはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

1 + 6 =