Posted on

本態性高血圧

本態性高血圧(高血圧)は、最も一般的な高血圧の形態である。本質的な高血圧症が何であるか、この疾患の症状は何か、治療される方法を検討してください。

本態性高血圧とは何ですか?

必須動脈性高血圧症がこの疾患の主要な形態であり、その診断は二次性高血圧を排除することによって行われる。これは、血圧の上昇に伴う慢性病理である。その開発には、以下を含むいくつかの要因が関与する可能性があります。

  • 遺伝子突然変異に起因する遺伝的素因;
  • 喫煙、アルコール乱用。
  • 大量の塩(過剰のナトリウム)の消費;
  • 特定のビタミンと微量要素の欠如。
  • 肥満;
  • 低力学;
  • 頻繁なストレス;
  • 老年など

本態性高血圧症の症状

この病気は無症状で起こることが多く、唯一の特定の症状は長期間にわたり高血圧に過ぎません。境界線は、収縮期血圧(140.159mmHg)の値と考えられる。アート。拡張期 - 90-94 mm Hg。アート。

場合によっては、患者の初期段階で次のような周期的な兆候が生じる。

  • 額や後頭部の頭痛。
  • めまい;
  • 心臓の動悸;
  • 耳の騒音;
  • 目の二重のビジョン。

この症状は、血圧の急激な上昇(高血圧の危機)中に増幅される。時間とともに、内臓器官および動脈血管の不可逆的変化が形成される。標的器官は、心臓、脳、腎臓である。

本態性高血圧の段階:

  1. 軽量 - 血圧の定期的な上昇(拡張期圧 - 95mmHg以上)を特徴とする。薬物を使用せずに高血圧の正常化が可能です。
  2. 中等度重力 - 血圧の安定した上昇(拡張期圧 - 105-114mmHg)を特徴とする。この段階で、動脈狭窄、静脈瘤の拡大、眼底上の出血を、他の病変がない場合に検出することができる。
  3. 重い - 血圧の安定した上昇(拡張期圧 - 115mmHg以上)を特徴とする。危機が解消された後でさえ、動脈圧は正常化されない。この段階では、眼底の変化がより顕著になり、動脈硬化および動脈硬化、左心室肥大、心筋硬化が進行する。他の内臓の病理学的変化が現れる。

本態性高血圧の治療

本態性高血圧症の治療における主な目的は、心臓血管および他の合併症ならびにそれらの死亡のリスクを最小限にすることである。このためには、血圧を正常レベルに低下させることだけでなく、すべての危険因子を最小限にすることが必要である。この病理の治療は長年にわたって行われている。

患者は自分のライフスタイルを変えることを奨励されています。

  1. 飲酒や喫煙を拒否する
  2. 体重を標準化する。
  3. 仕事の仕方、休息、睡眠を標準化する。
  4. 座りがちなライフスタイルを放棄する。
  5. テーブルソルトの摂取量を減らす。
  6. 植物食品の優位性と動物性脂肪の摂取量の減少を伴う食事を観察する。

薬物治療は、抗高血圧薬の使用を意味し、 本態性高血圧いくつかのクラスに分かれています:

  • 利尿薬;
  • カルシウムアンタゴニスト;
  • イミダゾリン受容体のアゴニスト;
  • アンギオテンシン変換酵素の阻害剤;
  • アンジオテンシンIIの受容体アンタゴニスト;
  • αおよびβ-アドレナリン遮断薬。

薬物(またはいくつかの薬物の組み合わせ)の選択は、疾患の段階、患者の年齢、付随する疾患に応じて医師によって行われる。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 22 = 23