Posted on

残留脳症

損傷因子による脳内の違反は、神経系の細胞の死を招く。このプロセス、残存脳症、成人では、かなり重度の症状と多数の健康および生命を脅かす結果を引き起こす。

残留有機性脳症とは何ですか?それはなぜ起こりますか?

この疾患は、脳組織の非炎症性病変であり、その機能の退縮的変化をもたらす。簡単に言えば、有機的な損傷を受ける神経細胞は徐々に消えて完全に機能しなくなります。したがって、短時間の後、この機構の複雑な残留現象が発生する。

病気の原因は次のとおりです:

  • 大量の毒性化合物(アルコール、化学物質、毒物、重金属の塩)への暴露。
  • 頭部への機械的損傷(脳震盪、挫傷);
  • 血液中の尿素およびビリルビンのレベルを増加させる腎臓および肝臓疾患;
  • 向精神薬の受容;
  • 脳血管のアテローム性動脈硬化症;
  • 真性糖尿病;
  • 高血圧;
  • 脳循環障害(浮腫、脳卒中);
  • 電離放射線に対する組織の感受性;
  • 炎症性感染症;
  • 栄養血管性ジストニア。

残留脳症の症状

病理学は、そのような臨床症状によって特徴付けられる:

  • 知的能力の低下;
  • 長期間のめまいの後に嘔吐する;
  • 記憶障害;
  • 筋骨格系の機能の障害;
  • 意識障害。
  • 失神する。
  • 重篤な頭痛、特に頭蓋内圧を伴う残存脳症がある場合;
  • 感情的な爆発;
  • 一定の疲労および嗜眠;
  • 無関心、うつ病。

残存脳脳症はどのように診断されていますか?

最初の症状は有害な因子の影響後のある時間の後にしか現れないので、開発の初期段階で記載された疾患を検出することは事実上不可能であることに留意すべきである。さらに、脳症の兆候は、他の様々な疾患と同様であり得る。

診断を明確にするために、通常、生化学的血液検査、ならびに磁気共鳴イメージングまたはコンピュータ断層撮影および脳波検査が行われる。重度の状況では、脳脊髄液の穿刺が必要となることがあります。

残留脳症の結果

疾患の適時の検出の複雑さは、このような疾患の合併症を引き起こす:

  • てんかん;
  • 神経障害;
  • ミエロパシー;
  • 水頭症候群;
  • パーキンソン病;
  • 頭蓋内圧が上昇した。

適切な治療の欠如は、認知症や脳組織の機能低下の90%までに至ることさえあります。

残留脳症の治療

血液循環および中枢神経系の働きを回復させるために、以下を含む複雑なスキームが提供される:

  • 非ステロイド性およびホルモン性抗炎症薬、抗痙攣薬、降圧薬および向知薬の受容;
  • 理学療法;
  • マッサージ;
  • 治療的体操;
  • 残留脳症の症状

  • 鍼灸;
  • 免疫調節剤およびビタミンの使用;
  • 手動療法。

脳症の複雑な段階では、外科的介入を処方することができるが、これらはまれなケースである。脳組織への影響が脳組織へのさらなる損傷のリスクを超える場合、手術は指示されます。

非常に重要なのは、特に患者がうつ病に苦しんでいる場合には、セラピストの助けです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

7 + 2 =