Posted on

熱いハサミでの散髪 - 手技のすべての微妙な

多くの長い髪の美しさのない唯一の問題はなく、短い髪の女性 - 絶えずストランドを混乱させる、スプリット付き弱い髪が終了します。ヘアカットホットはさみ - ごく最近適用され始め、それを特別な手順を解決します。私たちは、この技術についてのすべての最も重要なことを学びます。

ホットなはさみや磨きで切れる方が良いですか?

ホットはさみ(サーモトリップ)で切断することは、髪の端部の断面を取り除き、予防する治癒的かつ予防的処置と考えられています。それは特別なはさみで行われ、そのブレードは電気によって(電源またはバッテリーから)特定の温度に加熱されます。温度は80〜150℃に調節され、ストランドの構造に応じて選択されます。

通常のヘアカットサーモカッターからは、処置後に切断された毛髪は開いたままではなく、「密封」されているので、高温の影響下で糊付けされ硬化するという事実によって区別される。これにより、治療された毛髪は完全性を失わず、分裂を止めることができません。さらに、この手順は以下のことに寄与する。

  • 髪は外部要因から保護される。
  • ストランドは内部にある水分や栄養素を失わない。
  • 髪はすぐに回復し、内部から癒されます。

研磨、クリッパに装着特殊ノズルを介して、先端が破損した切断された(0.2 - 1 - cm)を同様の指定は別の美容治療を有します。義務ヘアアライメントutjuzhkom先代。長さの目に見える損失なしよく手入れ外観に取り付けストランドので。髪やヘアカットホットハサミを研磨 - 多くの女性は技術が有効であるかを知りたいです。

すぐにそれが研磨方法は、薄すぎると短い髪を登山に適していないと言うべきで、抜け毛や頭皮の病気の時に問題に適用することはできません。多くの場合、それがひどく損傷し、枝毛のみを患っていない、長い、ストレートの髪のために推奨されます。他の例では - 非常に、緩い緩い、薄いと、短い髪と巻き毛で、毛を解剖 - 散髪ホットハサミに頼る方が良いです。

ホットハサミのプラスとマイナスをカット

ホットはさみのついた髪 - プラスとマイナス

多くの専門家がこの手順を推奨しており、サーモトリップスを通してストランドを保存していた少女たちに感謝の意を表します。それと同時に、この方法に反対する者もいます。女性の中には、髪の先端の問題が消えてしまっただけでなく、さらに悪化してしまったことに気付く女性もいます。

サーモグラフィーは万能薬ではなく、誰もが同じように有用ではないことを理解することが重要です。他のテクニックと同様に、ホットヘアはさみプラスとマイナスを持っています。さらに、それは高い資格を必要とする複雑な手続きであるため、多くはマスターに依存する。悪い美容師へのアピールは、髪に害をもたらす可能性があります。

ホットハサミ付きのヘアカット - プラス

ホットヘアはさみによって特徴付けられる主な利点を挙げましょう:

  • 解剖からのリングレットの長期的な保護を確実にする。
  • いくつかの処置がより速く始まる(毛の軸に供給される物質が、開いた切れ目を通り抜けず、内部に留まるので)髪がより速く成長し始める。
  • 毛が太くなり、毛の密度が増加する。

ホットはさみを切る - 断罪

ホットハサミでどのようなネガティブな機能を持つことができるか考えてみましょう:

  • 手順は高価で時間がかかる。
  • 髪は端だけでなく全体の長さに沿って脆い、ホットはさみは助けません。
  • 結果を達成するためには、いくつかの手技と介護者の常用が必要である。

自宅でホットはさみを持つ散髪

問題の技術は、美容技術だけでなく、髪の構造のタイプに応じて、はさみを使うというニュアンスの知識も必要であるということを繰り返してみましょう。多くのサロンでは、装置の加熱温度を正確に決定するために、髪の顕微鏡検査に合格することが推奨されています。この点で、家庭でホットハサミでせん断することは容認できません。

ホットはさみで切断する技術

熱間剪断技術

最初の2つまたは3つの処置を1ヶ月の間隔で行うことが推奨されるという事実に備える必要があります。唯一の例外は、短いヘアカットが長い髪から作られ、すべての髪が初めて「シール」される場合です。さらに4〜5ヶ月ごとにホットハサミを適用することができます。ホットハサミでホットハサミをカットすることでよく行われますが、これは正しいアプローチです。この技術は、以下の基本ステップで構成されています。

  1. ストランドの診断。
  2. 通常のはさみで理髪師に正しい形を与える。
  3. 毛の生地を小さな領域に分離する。
  4. 小さい縫い目からの堅い鞭毛の交互のねじれ。
  5. 鞭毛から突出した毛のサーモサイザーを全長に沿って切断する。
  6. 消えない栄養素の適用。

マスターの仕事はすべて1時間から4時間かかります。従来のはさみを使用してヘアカットを完了することは容認できません。手順の最後にヘアスタイルの形状を調整するには、ホットハサミまたはホットシェーバーを使用する必要があります。最終的に、専門家は、ヘアケアのアドバイスを提供します。ヘアケアについては、必然的にマスクを使用し、ヘアドライヤーやカーラーの使用を制限する必要があります。

ホットはさみの後の髪

前と後のホットハサミで散髪をした女性の写真では、そのような結果が期待できる手順を示しています。

  • ストランドは光沢があり、滑らかで、従順です。
  • 弾力性が増し、乾燥性と脆性がなくなります。
  • いくつかのセッションの後、美容師のボリュームが増え、髪が目立つように成長します。ホットハサミでの散髪

前と後のホットはさみで切る
前と後のホットはさみで切る
前と後のホットはさみで切る

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 56 = 63