Posted on

神経滑膜炎 - 薬物の使用および独特な特性の徴候

抗炎症性非ステロイド薬は、グループBのビタミンと組み合わせてより効果的に働きます。神経双極性障害は、これらの成分の両方を含む複雑な薬物です。これは、痙攣性疼痛症候群、リウマチおよび神経病変の治療のためにしばしば処方される。

神経滑膜炎 - 組成

この薬理学的作用物質は、4つの有効成分:

  • ジクロフェナクナトリウム;
  • ビタミンB1(チアミン);
  • ビタミンB6(ピリドキシン);
  • ビタミンB12(シアノコバラミン)。

さらに、神経皮膚炎症候群の薬物は、補助成分を含有する:

  • 酢酸トリエチル;
  • ポビドンK25;
  • 30%の分散;
  • エチルアクリレートとメタクリル酸のコポリマー;
  • タルク;
  • 二酸化チタン;
  • ゼラチン;
  • 染料。

神経回路疾患に何が役立ちますか?

提示された組み合わせ製剤は受容体を痛め、炎症過程を効果的に停止させる。これらの特性は、神経根炎が処方される疾患によって引き起こされ、適応症は以下の通りである:

  • 脊椎および関節の変性病変;
  • リウマチ性疾患;
  • 神経痛;
  • 坐骨神経痛;
  • 筋骨格系の炎症性疾患;
  • 腰痛;
  • 強直性脊椎炎;
  • リウマチ性の軟部組織の病変;
  • 子宮頸部、子宮頸部症候群;
  • 慢性多発性関節炎;
  • 神経炎;
  • 骨および脊椎関節症;
  • 痛風性関節炎。

非リウマチ性疾患では、神経根炎も時には使用されます - 使用の適応症には、

  • 副鼻腔炎;
  • 原発性紅斑性腺症;
  • 歯科、外科的介入および傷害後の痛み;
  • 扁桃炎;
  • 中耳炎;
  • 咽頭炎。

神経結節炎の服用方法は?

記載された薬物は、硬質ゼラチンシェルを有するカプセルの形態で入手可能である。それらは全体を飲み込んだり、たくさんのきれいな水で、好ましくは温かいまたは室温で洗い流さなければならない。専門家はNeurodiclovitを取るために食事中に直接助言 - 食品と薬品の使用は、生物学的利用能および消化率を向上させます。推奨される用量は1日2〜3カプセル(数回に分けて)です。維持療法では、1日1錠が処方されます。

骨軟骨症における神経根炎

骨軟骨症における神経根炎

この病気は重度の疼痛症候群を特徴とする。時々、炎症過程と神経根の侵害が伴います。すべての患者の神経科医は、この病理はNeurodiclovitを飲むことができたときにことを知っていない - マニュアルで使用するための適応症は、腰痛が含まれていませんが、多くの場合、医師が処方します。ジクロフェナクの作用は、グループBのビタミンによって強化され、痛みおよび炎症は急速に止まる。カプセルこの場合の神経根炎は標準スキームに従って使用される。並行して、鎮痛薬は注射の形態で使用することができる。

三叉神経痛の神経根炎

この病気には、激しい疼痛症候群および炎症、顔面筋肉の痙攣も伴う。錠剤神経根炎は、記載された臨床症状を排除し、顔面神経根の侵害を防ぐのに役立ちます。記載された診断では、この薬物は、他の鎮痛薬、抗炎症薬および筋弛緩薬と組み合わせて使用​​することが推奨される。

神経線維炎には何日かかるのですか?

自分の薬を選んで治療コースの期間を計算するのは危険です。唯一の専門家がNeurodiclovitを任命しなければならない - 取るためにどのくらい、どのような投与量とどのような薬を組み合わせた表現手段では、医師を解決します。最終的な推奨事項は、診断と検査結果に基づいています。

その主なパラメーターは、神経滑液炎をどれくらい飲むかによって異なります。神経学的障害の場合、コースは6〜30日でよい。この時間の一部では、投与量は24時間ごとに3カプセルまでであり、その後維持投与量のみが摂取される。他の場合には、薬物は、10-12日までの短期間で処方される。

神経炎 - 副作用

記載された抗炎症薬を使用する異なる身体系の部分の反応はまれであるが、それらは多数である。神経皮膚炎を服用した場合、副作用は次のような症状で感じることができます:

神経性副作用

  • 沸騰する。
  • 下痢または便秘;
  • 胃の痛み;
  • 悪心;
  • 鼓腸;
  • 黄疸;
  • 胆嚢膵炎;
  • 嘔吐;
  • 糞便中の血液;
  • アフタ性口内炎;
  • 肝炎;
  • 腸または胃の壁の潰瘍化;
  • 内出血;
  • メレナ;
  • 食道への損傷;
  • 粘液組織の重度の乾燥;
  • 壊死、肝硬変;
  • 食欲の変動;
  • 大腸炎;
  • 肝臓病変;
  • 急性膵炎;
  • 睡眠障害;
  • うつ病;
  • 頭痛;
  • 無菌性髄膜炎;
  • 過敏症;
  • 痙攣;
  • 失見当。
  • 不合理な恐怖感。
  • 筋肉の重度の衰弱;
  • めまい;
  • 耳の騒音;
  • 視力の明瞭度の低下;
  • 味覚の違反。
  • 複視。
  • スコトーマ;
  • 可逆的または永久的な難聴;
  • 脱毛症;
  • 皮膚の発疹およびかゆみ;
  • 毒性皮膚炎;
  • 湿疹;
  • スティーブンス・ジョンソン症候群;
  • 多発性滲出性紅斑;
  • 光感受性;
  • 水疱性紅斑;
  • ライエル症候群;
  • 軟組織および皮膚における顕微鏡的出血;
  • 蕁麻疹;
  • 腫れ;
  • 血尿;
  • 乏尿;
  • ネフローゼ病;
  • タンパク尿;
  • 急性腎不全;
  • アポトーシス;
  • 乳頭壊死;
  • 間質性腎炎;
  • 貧血;
  • 血小板減少症;
  • 無顆粒球症;
  • 白血球減少症;
  • 好酸球増加症;
  • 血小板減少性紫斑病;
  • 肺炎;
  • 咳;
  • 喉頭浮腫;
  • 気管支痙攣;
  • 期外収縮期;
  • 高血圧;
  • 胸骨の痛み;
  • うっ血性心不全;
  • 心筋梗塞;
  • アナフィラキシーショック;
  • 舌と唇の腫れ;
  • アレルギー性血管炎;
  • 感染症の悪化;
  • 筋層壊死性の特徴の発達。

神経滑性炎 - 禁忌

上記の副作用の1つ以上のリスクがある場合、この薬剤は多くの状態のもとでは服用できません。薬物の神経滑膜炎は、以下の場合に禁忌である:

  • 胃、頭蓋内または腸の出血;
  • 気管支喘息、非ステロイド性抗炎症薬に対する不耐性と組み合わせて鼻ポリープ症;
  • 止血および造血の違反;
  • 胃腸管の侵食または潰瘍;
  • 不十分を含む活動的な肝疾患;
  • 高カリウム血症;
  • 妊娠、授乳;
  • 腸の炎症;
  • 以前に転送された冠状動脈バイパス移植片;
  • 心臓または腎不全;
  • 不耐性または過敏症を引き起こす可能性がある。

神経炎およびアルコール適合

エタノールはチアミンの吸収と消化を大幅に減少させ、ジクロフェナクの増強を防止する。この性質のため、神経皮膚炎およびアルコールは不適合とみなされる。専門家は、治療中だけでなく、フルコース後にさらに2〜3週間は酒を飲むのをやめることを勧めます。

神経麻痺 - 類似体

Diklovit - 活性成分の見直し錠剤の組成および濃度と一致1完全に同一の抗炎症剤があります。それはまた、カプセルの形態でもたらされ、顕著な治療効果を有するが、コストが高い。あなたは、少ないお金を費やすとNeurodiclovitを置き換えることができます - 安価な類似体は、組成物(ジェネリックまたは同義語)が異なるが、同様の鎮痛及び抗炎症効果を生み出します。

そのような薬を購入する前に、医師に相談することが重要です。さらに、薬物は、神経炎症候群と同じ特徴を有することが保証されるべきであり、これは、使用および薬理学的性質についての同様の適応症である。推奨ジェネリック:

  • ボルラン;
  • ファニガン;
  • ジクロフェナク;
  • シネパール;
  • ドルクセン;
  • Panoxen;
  • Maithkaren;
  • Diklogenなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 79 = 80