Posted on

紅藻

藻類は、多数の栄養素と容易な消化性のおかげで、食品だけでなく化粧処置にも長く使用されてきました。最も有用な海草の1つは赤い藻類です。ロシアでは赤い藻類、すなわち紅色の紅藻が冷夏でよく見られる - バレントとホワイト。日本では、自然環境を除いて特別に栽培されています。赤い海藻は約1000種類あり、斑岩やロジウムは非常に人気があります。

赤藻中の有用物質

その組成において、赤藻は大量のタンパク質およびミネラルを含む:

  • セレン;
  • マンガン;
  • カルシウム;
  • リン;
  • ヨウ素;
  • リノール酸;
  • レシチン;
  • 鉄;
  • カロチン;
  • ビタミンA、B、C、D、E

そのような組成物は、紅色の抗炎症性、抗菌性および抗真菌性を付与する。

赤い藻類の薬効

近年の科学的研究は、これらの藻類に基づく薬物が強力な治癒および予防効果を有することに留意している。日本人女性の乳がんの割合が低いのは、食事中の豊富さ(最大25%)に起因する赤い藻です。

食物中の赤藻の摂取は、抗酸化物質の状態を高め、肺、胃、脳の癌の予防に用いることができます。

藻類の一部であるSulfatrirovannye炭水化物は、ヒト免疫不全ウイルスの発生を減少させるのに役立ちます。また、赤藻は、エイズ患者の複合療法に使用される抽出物を製造するために使用される。

赤色の海藻エキスの摂取は、免疫力を高め、骨折や創傷の治癒を促進し、軟骨組織の修復を刺激する、必要な物質で体を豊かにします。スカーレットの定期的な使用:

  • 喫煙中の血液中のニコチン濃度を低下させる。
  • 白内障および他の眼疾患の治療の有効性を高める;
  • 老化を遅らせる。

小児期には赤藻抽出物を摂取すると、骨組織が強化され、感染症に対する耐性が増強されます。

紅藻類の調理への応用

アジアの住民が藻類を食用に積極的に利用しています。乾燥形態の藻類の最も有名な応用は、ロールと寿司のノリのシートである。さらに、スープやデザート(おにぎりやケーキ)に加えられます。イングランドとアイルランドでは、それらは、あらかじめ煮沸して揚げたおかずとして使用されます。

また、赤藻からもGelidium amansiiは、藻類自体と同じ有用な性質を持つ寒天ゲル化製品が作られています。寒天は、スフレ、マーマレード、ゼリー料理、マシュマロなどの調製のために食品産業において積極的に使用されている。

民間療法では、赤い藻類のこの物質は簡単な下剤として使用されます。寒天で調理した料理の定期的な消費:

  • 腸をきれいにするのに役立ちます。
  • 胃の酸性度を正常化する。
  • 血中のコレステロールを減らすのに役立ちます。

化粧品への紅藻の応用

赤藻クリムゾン

老化を遅らせる能力は、赤藻を化粧品に置き換えることができませんでした。多くの化粧品会社がアンチエイジング製品に添加しています。

海藻ラップは非常に人気があります。彼らは積極的に皮膚に潤いを与え、コラーゲンの産生を刺激し、炎症症状を取り除きます。ラッピングやマスクとしての藻類の定期的な使用:

  • 肌の弾力性を回復させる。
  • 表皮細胞の再生を強化する。
  • 持ち上げに影響します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

43 + = 44