Posted on

耳炎で耳に落ちる

耳のさまざまな部分に局在化する細菌性または真菌性の炎症性疾患は、耳炎と呼ばれます。耳鼻咽喉科医の診療のために、特別な解決策が用いられる。主なことは、炎症の病原体が薬剤の有効成分に敏感であるように、耳炎の耳に効果的な滴を拾うことです。

中耳炎を落として治療する方法は?

まず、病気がどのような形態をとっているかを調べます。

中耳炎は3種類あります:

  • 屋外;
  • 平均;
  • 穿孔を伴う。

最初の症例では、外耳道の周りにのみ皮膚の炎症があります。疼痛症候群は、耳の中ではなく、外部から触診するときにはっきりと表される。

平均耳炎は、鼓膜下の病理学的過程の進行を特徴とする。副鼻腔炎の背景に発生することがあります。

穿孔を伴う疾患は、鼓膜の破過により、外耳道からの膿液および漿液の放出と組み合わされる。

耳炎に適した滴の種類は、病気の原因物質に依存します。細菌が見つかった場合は、抗生物質を含む溶液を購入する必要があります。真菌と戦うためには、抗真菌薬が必要である。他の状況では、標準の消毒薬および抗炎症薬で十分である。

耳炎の耳の液滴のリスト

条件付では、考えられる薬のグループを4つのタイプに分けることが可能です:

  • 非ステロイド性抗炎症薬を含む製剤;
  • 抗菌性ドロップ;
  • 複合組成物中のグルココルチコステロイドホルモンを含有する溶液;
  • 抗真菌薬。

最初の亜種は次のとおりです。

  • Otinum;
  • Otypax;
  • Ototon;
  • Droplex;
  • Oticain。

これらの薬剤の有効成分はリドカイン、フェナゾン、アルコールである。それらは、抗炎症、局所麻酔および乾燥効果を生じる。

ミラミスチン(Miramidez)をベースにした薬もあります。それは排他的に消毒機能を果たす。

耳炎で抗生物質で耳に落とす:

  • Otofa;
  • Cipromed;
  • ノーマックス;
  • Fugentin;
  • リフォン酸。

各溶液は、広域スペクトル抗菌成分を含有する。これにより、耳の健康な領域への感染や炎症の拡散をすばやく止め、膿の放出やそれに続く鼓膜の穿孔を防ぐことができます。

組み合わせドロップ:

  • ガラゾン;
  • デクソン;
  • ソフラデックス;
  • Dex;
  • Anauran;
  • Polidex;
  • ジェノデックス;
  • Pledrex;
  • 複合デュオ;
  • アプロレート;
  • デクソン

コルチコステロイドホルモンは、高い抗炎症活性を有する - これらの滴の大部分は、デキサメタゾンを使用して開発しました。さらに、製剤のいくつかはまた、包括的な治療に記載の疾患、痛みや病気の他の不快な臨床症状の除去を促進する、局所麻酔薬および抗菌成分を含んでいます。

真菌性耳炎を伴う耳の唯一の効果的な滴は、カンジビオティックである。それらは、広範囲のスペクトルを有する抗生物質 耳炎で耳に落ちるアクション(クロラムフェニコール)、抗真菌活性成分(クロトリマゾール)グルココルチコステロイドホルモン(ベクロメタゾン)および麻酔薬(リドカイン)。

耳炎で自家製の油性の雫

この深刻な病気に人気レシピの過度の使用は必要ではないが、痛みを緩和し、炎症の重症度を軽減するために、耳に自然なクルミ油を植え付けるのに役立ちます。処置の前に、体温に近づけて製品をわずかに暖めることが重要です。ドリップに続いて、1日に3回、各外耳道に1〜2滴が続きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

29 + = 39