Posted on

茶色の目に青いレンズ

今日まで、コンタクトレンズは、視力障害(近視、乱視)を補正するための不可欠なツールであるだけでなく、画像を変更して所望の眼の色を得ることも可能にする。

茶色の目の青いコンタクトレンズ

コンタクトレンズで明るい目の色を変えるのは簡単ですが、茶色を青色に変えることはより困難です。
目の色を変えるレンズは色と色に分かれています:

色付きレンズを使用すると、非常に明るい目の色のみを変更することができ、通常は明るくて彩度を高めるように設計されています。あなたの茶色の目に青いレンズを置くと、その色が少し変わり、不自然な色合いが現れることがあります。

カラーレンズを使用すると、目の色を茶色から目的の青色に変更できます。このようなレンズは飽和しているため、目の真の色を完全に隠すことができます。

青いレンズはどのように茶色の目に見えるのですか?

青いレンズが自然に茶色の目を見ることを達成するためには、それはかなり難しいです:

  1. 暗い目では、レンズの濃淡が元の色を覆うために必要です。
  2. レンズの直径は、虹彩の直径と一致するか、または重なり合う必要があります。そうでなければ、暗い縁が外側から見えます。
  3. 着色されたレンズはほとんど不透明である(瞳領域を除く)ので、虹彩を完全に隠すので、茶色の目の青いレンズは不自然に見えます。装着するには、虹彩の自然な模様を模した模様のレンズを選択することが望ましい。このようなレンズはより高価ですが、最も自然に見えます。
  4. 人間の瞳孔は、照明に応じて、瞳孔周囲の非常に明るい光の中で、膨張し収縮するので、茶色のベゼルが見える。暗い場所では、茶色の目に青い色のレンズが見えなくなる可能性があります。

カラーレンズの選択と装着の特長

ディオプターがなくても、光学系や有名なメーカーから購入することが望ましい。

  • FreshLookカラーブレンド;
  • バウシュとロム;
  • Аcuvue2色。

現代の色付きのレンズは十分に薄いものの、酸素はさらに悪くなり、不快な感覚につながる可能性があります。したがって、レンズを身に着けているときには、特別なドロップ(人工の涙)をすることをお勧めします。レンズ自体は長時間着用しないことをお勧めします。

レンズを装着した後、メイクをするのが好ましい:これは、目の色に応じて補うだけでなく、粒子の目に入ることを避ける。

青い目に茶色のレンズを見る方法1 青い目で茶色のレンズを見る方法2 青い目で茶色のレンズを見る方法3
青い目で茶色のレンズを見る方法4 青い目に茶色のレンズを見る方法5 青い目に茶色のレンズを見る方法6
青い目に茶色のレンズを見る方法7 青い目で茶色のレンズを見る方法8 青い目で茶色のレンズを見る方法9

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

84 − 82 =