Posted on

Amexinユーザーマニュアル

医薬品Amiksinはウイルス性疾患に処方されています。これは驚くべきことではありません。なぜなら、Amiksinの仕事の基礎は身体の免疫力の増加であるからです。換言すれば、薬物Amiksinは免疫調節薬として働く。さらに、医療企業のレビューや声明によれば、Amixinは完全に毒性がなく、体内から完全に排除されています。副作用に関しては、実際には起こらず、短期間の寒さやアレルギーになる可能性があります。

Amiksinの組成

Amiksinの組成物中の活性物質は先端物質である。私たちの体に入ると、チロノンは肝臓細胞、胃腸管、リンパ球および白血球からの応答を引き起こします。チロロンの作用に応答して、上記の細胞は、我々の基本的な免疫防御を構成する天然のヒトタンパク質であるインターフェロンを産生し始める。

ウイルスの期間中、Amixin錠剤は人体を介して増加を止め、広がります。

Amiksinは、次のような場合に体の強さと感染の撤回を強化するために使用されます:

  • インフルエンザおよび急性呼吸器感染症;
  • ウイルス性肝炎;
  • ヘルペスウイルス;
  • サイトメガロウイルス感染;
  • クラミジアの複雑な治療のため;
  • 結核の治療で

Amiksinを取る方法?

Amiksin ICは小児用60mg、成人125mgの錠剤の形で販売されています。食べた後、水で絞って薬を飲む。

ARVIとインフルエンザの悪化の間、Amixinは多くの人々によってこの疾患を回避する機会とみなされています。この場合、1週間に1回、6週間、1錠を投与してください。

すでに診断されたインフルエンザまたは急性呼吸器ウイルス感染症では、Amiksinは1日1日の最初の2日間、およびその他の4日間は48時間の間隔で処方されます。

神経ウイルス感染症の治療のために、アミシンの用量は、最初の2日間で1日2錠に増加させ、その後48時間の間隔で次のすべてに増加させることができる。

A型肝炎およびB型肝炎の治療はARVIおよびGrippの治療と同様であるが、投与の過程には医師の指示に従って10-20錠が含まれる。 C型肝炎の場合、50錠が治療レジメンに含まれています。

泌尿生殖器と呼吸器の両方のクラミジア症治療は、インフルエンザ治療と同じ方法で処方されますが、10錠です。

結核治療の申請は20錠の錠剤で構成されています。そのうちの最初の2日間は1日2錠、残りのすべては前の錠の48時間後に服用されます。

Amiksinは抗生物質と一緒に処方することができます。抗生物質はその効果に影響しないためです。この薬剤は、妊娠中および授乳中ならびに7歳未満の子供および薬剤の成分の不寛容で禁忌である。

アミクシンとアルコールは一緒に飲むべきではありません。なぜなら、後者は薬物の活性作用物質の作用を止めることができるからです。

Amiksinの類似体

Amiksinの安価な類似体は、類似の作用スペクトルを有する他の免疫調節薬である。最も有名でAmiksinに近いのは、同じ構成のLavomaxです。それは125mgの錠剤で製造される。価格で、彼はAmiksinよりやや劣っています。

撮影されたようにamaxin

AmiksinまたはIngavirinを選択した場合は、どちらの診断が必要かを判断する必要があります。 Amiksinでは、作業範囲が広がり、Ingavirinはインフルエンザ、ARVI、アデノウイルスの予防と治療のために処方されています。インガビリンは30mgおよび90mgのカプセルで利用可能であり、用量は医師によって処方される。

身体に類似の効果を有する他の薬物であるが、別の組成物は、アナフェロン、オチロコキチナス、カゴセルなどである。それらの全てが人の自然免疫を刺激し、体内のウイルスの複製を抑制する。特定の薬物の使用に関する最終決定は、疾患の複雑さ、重症度およびタイプに基づいて、医師の助けとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

+ 33 = 39